人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近、やたらと「競馬が儲かる」といった内容のスパムメールが多いですが、なぜでしょう。

もし、本当に勝つ馬を教えて、多くの人が買ったら、オッズが下って、もし、本当に勝っても自分の儲けは少なくなる筈ですが、その辺、何かカラクリがあるのでしょうか?

●質問者: apple_pie
●カテゴリ:インターネット 趣味・スポーツ
✍キーワード:オッズ カラクリ スパムメール 競馬
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

[1]本当に当たるのか? taknt

本当に当たるのであれば 誰にも教えないでしょうね。

当たるか当たらないか わからないから みんなに教えて それで稼ごうという魂胆なのでしょう。

はずれるときだってある。そうみんな思っててくれるから やりやすいのです。


[2]コーチ屋 akauo

かつてギャンブル場には「コーチ屋」と云う人がいました。彼のビジネスの仕組みは簡単に言うとこんな感じ(競馬場の例)。

1.馬券売場に来た人を捕まえて「1の馬が勝つので馬券を買え」とコーチする

2.馬券売場に来た人を捕まえて「2の馬が勝つので馬券を買え」とコーチする

・・・以下、何種類かの違う予想を、違う何人かにコーチ

3.コーチした人を覚えるもしくはマークする

4.結果どれかの馬が勝つので、換金に来た人(当たった人)に対し配当金からコーチ量を要求する

スパムメールの仕組みは解りませんが、これから推察するに・・・

1.「無償」で予想を教える(ただし教える内容は何通りもある)

2.メールなので大勢が対象、絶対に誰かは当たっているはず

3.●回繰り返しても、(対象者が多ければ)確率的に誰かは連続して当たっているはず

4.その人の信用を得た段階でデカイ勝負を持ちかける、結果は・・・

こんな感じではと。

いうまでもなく、メール主は馬券は買っていません。


[3]>1 はい akauo

はい。「誰か」は絶対当たってます。別ツリー参照下さい。


[4]>3 当たった人は dosdnb

他人に教えないと思いますよ。


[5]>4 当たっている。 dosdnb

確かに誰かは、当たっていますね。


[6]>5 1 bakasann

のツリーに同意


[7]>6 当たっても bakasann

わざわざ人に教えませんね


[8]必ず勝てる馬が存在するならば Newswirl

競走が成り立たないので、その票のすべては無効になるのではないでしょうか?(競争法12条)

とてつもなく強い馬がいても、損をする可能性はある


[9]>8 失礼 Newswirl

競馬法です。


[10]>7 うちにもそのメールきます sinb

電話でも儲け話がきます。かけ主に、お金貸しますから、その儲けをくださいといいます。

もうかる話なら、こっそりやりますよね


[11]賭け事は、必ず胴元がもうけます。 serow225

競馬、競輪、競艇、麻雀、パチンコ、賭け野球、賭け相撲・・・。参加者は、時に勝つことは出来ますが、相当数の参加者と、相当数の「レース」や「ゲーム」の繰り返しが有れば、必ず胴元、つまり主催者がもうけることが、確率的に決まっています。恣意的に決めることも出来ます。勿論決めるのは胴元です。だから胴元(主催者)は、一時はわざと負けて参加者に「今後も勝てるかもしれない」という「間違った期待」をさせて、どんどんもうけるのです。損をしたくないのならば、賭け事はやらないことです。あくまで遊びとしてやって下さい。


[12]商材の販売と違うんですか? chinjuh

「競馬でかならず当たる方法」という小冊子を高額で売りつけるだけかもしれません。

冊子の内容は「すべての馬を買えばどれかが当たる」みたいなくだらないものだと思います。

大勢にメールで広告すれば、中にはほいほいとお金を出して買う人もいます。

買って騙されたと思った人は、もとをとるために別の人に商材を売ります(笑)


[13]>12 「競馬でかならず当たる方法」という小冊子は過去にありました。 Yoshiya

今から数年前までは、競馬必勝法なる小冊子やポケコンを使った予想コンピュータを数万円?10数万円で売る商売がありました。

(スポーツ新聞や競馬雑誌によく広告が載っていました。)

しかし、元々の商材の値段が高い事や、買った商材が全く当たらない事が分かり、現在は競馬商材の販売は少なくなりました。

そこで、出てきたのが競馬予想会社の存在です。

最初は、買い目を無料公開したり、無料のポイントを撒いてお客を集めます。

無料予想は大抵、本命で配当は数倍です。 ただ、数回に1回は当たるので(本命だから当然か)、それに騙されたお客が高額予想料を支払うのです。

競馬予想会社は、その後有料で当たらない情報を提供します。 数回使ったお客は、予想が当たらないので、予想会社から離れていきます。(当然予想料は水の泡^^;)

予想会社はそういう客を切り捨て、新たにネットやスポーツ新聞で大々的な広告を打ち、新たな顧客(カモ)を獲得していく訳です。

その昔の話(今から20年くらい前)、新宿の場外馬券場の近くで競馬必勝法の小冊子を売っていました。

一度その小冊子(その当時で5000円)を購入しましたが、中身は過去の着順と馬場状態、十干を組み合わせただけのチャチなものでしたが、それでも買った時は一攫千金の大儲けを夢見たものです。

実際には全く当たりませんでしたが…

それ以来、競馬予想会社や予想グッズは信用していません。

ちなみに地方競馬場(競輪場や競艇場)には、主催者が公認した予想屋がいます。(1レース100円・1日1000円)

こういった予想屋さんは、馬の調教からチェックしているので、結構当たる方もいらっしゃいます。

予想を売る前には、必ず予想屋の口上があるのですが、その口上が面白いので100円払って予想を買う事があります。

口上が巧い予想屋さんは、あまり当たらなくても予想が売れるみたいですね^^

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ