人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【ちはやぶる百人一首】
落語の「千早ぶる」のように、百人一首にある歌の意味を
聞かれたのに対して、「迷講釈」をしてください。

講釈を聞かせる相手は現代人でも、江戸時代の人でも、フランス人でも構いません。

最初に百人一首の歌番号と、歌の全体を記してから、講釈してください。実際の落語のような語りでなくて、「遊女千早は力士の竜田川を振った」のような平易な文でよいです。

参考1:落語「千早振る」:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E6%97%A9%E6%8C%AF%E3%82%8B

参考2:小倉百人一首(歌番号順):http://ja.wikisource.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%80%89%E7%99%BE%E4%BA%BA%E4%B8%80%E9%A6%96

なお、これは「S雲」名義の第3弾で、id:some1さんをはじめ、id:chinjuh、id:Mathusalaさんのアイデアを基にしています。すでに、id:garyoさんから「のっかり」の寄進を受けています。


●質問者: sibazyun
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 ネタ・ジョーク
✍キーワード:アイデア フランス人 力士 千早 小倉
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 17/17件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
●57ポイント

二十五 名にし負はば 逢坂山の さねかづら

人にしられで 来るよしもがな

え?昔昔の事ですが、逢坂山という、とっても強いお相撲さんが居ました。

大きな声では言えませんが、実はこの人「若禿げ」でして、とある特殊なカツラ「さねかづら」と言うんですが、これを密かに着用していました。

残った髪に食いつくようにして中々に落ちないカツラでしたが、ある激しい取り組みの途中で、とうとう落ちてしまいました。

秘密を知られてしまったのがショックだったのでしょう。

逢坂山は次の日から土俵に上がらなくなってしまいました。

人に知られては来にくかったんでしょう。

とうとう引退してしまいましたそうです。

まことにもってお気の毒な事で。

つるかめつるかめ。

◎質問者からの返答

え、大坂屋という鬘屋さんの、「魔のかつら」

だったんですが。。。


2 ● なぽりん
●57ポイント

51 かくとだにえやはいぶきのさしもぐささしもしらじなもゆるおもいを

このあいだ、各戸に絵矢がうちこまれた。イブキ山のモグサの絵がかいてあった。モグサといえばよく燃えるもの、しらじら明け方ごろに火矢が打ちこまれて火事になるかもしれないという謎かけだから気をつけなくてはいけないよ。


74 うかりけるひとをはつせのやまおろしよはげしかれとはいのらぬものを

大学を合格した人をまってるのは、はじめて背なかを「やまおろし」(大根おろしにつかうオニオロシのようなおろし金の一種で、山のようになだらか)で擦るという祝いの儀式だ。はげしくこするとくすぐったがるので、女子大生にはカレができる祈りがこめられているといううわさだが、本当のところ別に本人以外彼氏が出来ろなんてことを祈ったりはしていない。

うそかほんとうか微妙な路線をねらって大ホームランをうてました

◎質問者からの返答

74 いやあ、受かる人は他人をけることで自分が

はいあがってきたんで、「やまおろし」の儀式は

その罰だと思っていたんですが。。。


3 ● chinjuh
●57ポイント

八「ご隠居さん、てぇへんだ。あっしは夜逃げをしなきゃぁならねえ。娘にむずかしいことを聞かれて答えられないんじゃ親の面目はまるつぶれ」

隠居「そりゃどんな歌だい」

八「良く聞いておくんなせえよ。たしかこんな歌でさあ。

なにわがた みじかきあしの ふしのまも

あわでこのよを すぐしてよとや」

隠居「ほう、百人一首とは風流じゃないか」

八「風流とかどうでもいいんでさぁ、ご隠居さん、あっしを助けておくんなせえよ」

隠居「ふうむ、八つぁんの頼みなら、聞かないわけにもいきませんね」

いいかい、なにわといったら大阪のことだ。

浪速形ってえのは、関西人の演技をする俳優のこった。

女形っていうじゃぁねえか。それとおんなしだ。


あるところに浪速形の俳優がいてさ、

顔もよければ演技も最高。関西弁で二枚目をやれるのは古今東西探してもそいつだけだ。

けどよ、すべてにおいて完璧なそいつにも、たったひとつの欠点があった。

足が短けぇのよ。短き足のってやつだね。

短足の二枚目じゃかっこうがつかねえってんで、いつもシークレットブーツをはいていた。


ある日そいつんところへ

ぜってぇ死なねぇ悪魔の役がころがりこんできた。

死なない悪魔だから不死の魔ってやつだね。


ところがさ、関西弁の色男ばっかり演じてたから、悪魔の役なんてどう演じていいかわからねえ。

さすがの名俳優もすっかり悩んじまって、変な紙切れのこして失踪しちまいやがった。

その紙切れにはこう書いてあったのさ。

阿波で演技の修行をします」


阿波で男が何をしてたと思う?

山をかけまわり、時には滝に打たれたりして、悪魔の演技の研究をしてたんだね。

いや、立派なもんだよ。演技にこれだけ打ち込めるなんざぁ、できるもんじゃねえ。

もう少しで役がつかめるってところまでやってきた。


そうしてる間にも舞台の日取りが決まってさ。

舞台監督が大慌てで男をさがしに来たわけだ。


「おい、よっちゃん」監督は言った。

よっちゃんってのは男のあだ名だ。欣喜義郎(きんきよしろう)ってのが芸名だね。

「おい、よっちゃん。やっとみつけたぜ。もう時間がねえ。そろそろあんたの名演技見せてくれよ」

監督も苦労した。書き置きには阿波とあったが、阿波のどこだかわからねぇ。

さんざんさがして、阿波でこのよっちゃんをやっとみつけたというわけだ。


「すまねぇ監督さん。もう少しなんだ。もう少しで役がつかめそうなんでぇ」

欣喜義郎は真剣な目で監督を見たんだね。


「あんたが真剣なのはよーくわかってる。だがな、よっちゃん。五日後には幕が開く。もう時間がねえんだよ」

監督は汗をふきなが言った。

「このままじゃ代役をたてるしかねえ」


よっちゃんは焦った。このままじゃろくに演技もできねえとーしろに役を取られちまう。

「監督さん、チャンスをくだせぇ。最後の修行をしたら、きっと役をつかめる」


「最後の修行……そりゃ一体なんだい」


「バンジージャンプでさぁ」


「バンジー?!」


「へぇ、命綱をつけて崖っぷちから飛び降りやす。これで度胸をつけたら完璧な演技ができるに決まってまさぁ」

そう言って胸をはるよっちゃん。


監督もこれなら大丈夫とほっと胸をなでおろし

「よしわかった。今からやっとくれ。時間がないんだ。すぐしてよ、なあ、よっちゃん」


つまりこの歌の意味はこうだ。

浪速形 みじかき足の 不死の魔も

阿波で このよっちゃんを すぐしてよ、とや


そこまで言うと、ご隠居さんは覚めたお茶をすすった。


八「ところでご隠居さん、さいごの"とや"ってのは何の事ですかい」


隠居「そりゃあおめえ……バンジーで飛ぶときのかけ声よ。とやっ!ってなもんだ」


八「ああ、なるほど。さすはがご隠居さんだ」


欣喜義郎がきれいに落ちたところで、お後がよろしいようで。

◎質問者からの返答

いやあ、てっきり「泡で」「くすぐす」

=「くすぐらす」かと思っていましたがねえ。


4 ● Baku7770
●57ポイント

じゃぁ同じく落語にもある崇徳院で。

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ

ご隠居「日本を代表する怪談っていうと、牡丹灯篭、番町皿屋敷ってぇのもあるが、なんてったってぇ四谷怪談だ。おい熊さん、お前さんは芝居なんか、見ないから知らないだろう」

熊さん「それがね、四谷怪談なら、よく知ってるんでさぁ。お得意に怪談が大好きってご隠居がいましてね、夏になると涼しくしてやろうって、怪談話を聞かせてくれるんで。去年の夏なんか3度も聞かされまして」

ご隠居「そりゃぁ、暑さも吹っ飛んだろう?」

熊さん「それが怖くて、ションベンちびるんで、腰の辺りがじわっと生暖かく…」

ご隠居「汚いねぇ。それなら四谷怪談の説明はいらないね。これはね、四谷怪談に似た、話しなんだがね。まぁ脳ミソのないお前さんには関係のない話だから知らないんだろうねぇ。秋葉原怪談って言うんだが、知っているかい?」

熊さん「知りません」

ご隠居「AKB48は知ってるな」

熊さん「へぇ、メンバーの名前は言えませんが」

ご隠居「AKBのオーディションに瀬尾ハヤミという女の子が応募したんだ」

熊さん「瀬をはやみって女の子の名前だったんですかぁ?」

ご隠居「そうだ、書類審査も通って最終選考まで進んだんだな。ところがこれから水着審査という直前になって背中にできものができた。それが四谷怪談に出てくるお岩さんの顔にそっくりだ。でも、本人は背中だから気がつかなかったんだな。最終選考は滝川クリステルが司会だった。」

熊さん「で、どうなりました」

ご隠居「最初に気がついたのは滝川クリステルだ。そうしたらそのできものが口を開いたんだな。どうもそのできものは彼女のファンだったらしい。『瀬尾ハヤミと別れてでも付き合いたい』って言ったんだそうだ。」

熊さん「で、崇徳院とどんな関係が」

ご隠居「瀬尾ハヤミの背中に、お岩さんの顔がかかっているようなおできができたんだ。だから『お岩に背中にかかられた』で『岩にせかるる』だ、で滝川クリステルに瀬尾ハヤミの背中から離れて付き合いたいと思うっていったんだから、『滝川の われても末に あはむとぞ思ふ』じゃないか」

熊さん「ところで、『あはむ』の説明が抜けているような気がするんですが」

ご隠居「おぉそうじゃった。忘れておった。口説かれた滝川クリステルはこういったそうじゃ。『こんなところで口説いてくるなんて、脳が足りないんじゃないの、茂木先生の所に行ってアハ体験してきた方がいいと思う』って。それで『AHA無』じゃ」

◎質問者からの返答

いや、てっきりそのできものを「あ、ハムみたい」

とあざけったという話だと思って追ったわい。


5 ● 来夢♪
●7ポイント

多分番号は、32???だったような気がします私、あんまり興味ないので???忘れてしまいました。たしか二文字の数字だったような気がします。間違えてたらすいません。

◎質問者からの返答

はい、ですから、それで講釈をつくりあげてください。


1-5件表示/17件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ