人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ライター・作家もしくはライティング業務に携わったことがある人に質問です。

編集者が言ってきた無茶な命令、とんでもな事、想像を絶するトラブルなど、例を教えてください。

●質問者: keysalamander
●カテゴリ:インターネット 書籍・音楽・映画
✍キーワード:トラブル ライター 作家 想像 編集者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/3件

▽最新の回答へ

1 ● 勇者よっしー
●35ポイント

趣味で同人誌を出していたのですが、夜中の11:30に突然電話がありました。

某M社の編集者とのことですが、私は奥付に住所を載せていましたが電話番号は載せていません。

何だかハッキリしない用件を遮って、いきなり夜中に電話してくること、電話番号を教えていない人間にいきなり電話すること、そういった人と仕事で関わりたくない、と伝えたら「お前に何か仕事を頼みたいから電話したわけではない!」と突然キレられました。

「じゃあ何のために電話してきたんですか?」と聞くと「うるさい、もう二度と電話しないからな!」とワケの判らない事を言って電話が切れました。

後で本を見て、その編集人が実際にいることは確認しましたが、本物かどうかはわかりません。

ただ、そのM社の編集を知る人からは「あそこはそういうの当たり前」と返されました。

結構大きな会社でTVCMもバリバリやるようなところです。

まぁもう10年も前の話で、今となってはその人の名前さえ忘れてしまったのですが。

◎質問者からの返答

電話まではありそうですが、その後のリアクションはすごいですね。まさに想像を絶します。


2 ● raf00
●35ポイント

電話で伝えられた締め切りが「昨日」。

いや、ライターが逃げて空いた特集のフォローですけどね。

そうした事例はしばしば起こるし、実際何件かこうした仕事で信頼を得たので、

無茶苦茶な命令…というものでもないかもですが。

◎質問者からの返答

まぁ、これはありますよね。突貫作業ができれば受ければいいし、できなければ断れるので。

ただ、受けるのを前提に行ってこられると、困りますね。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ