人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一過性脳虚血発作(TIA)から脳梗塞への予防方法教えてください。医師の回答をお願いいたします。

●質問者: photos
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:TiA 一過性 医師 脳梗塞
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● hathi
●70ポイント

最初にお断りします。 医師ではありません。

TIAとの診断を受けているのならば、主治医がいるでしょう。 その方のすすめをうかがうのが一番良いです。

体の状態は一人一人違います。 医師であれば、患者を診ない、データもない状態で、特定個人へのアドバイスはしないだろうと思います。

一般論での予防法やアドバイスなら、本屋やwebでも良いでしょうが、個人の状況にあった予防をするのが一番良いです。

脳血管や頸動脈の状態はもちろん、血圧、コレステロール、喫煙、糖尿、心電図やエコー検査の結果、家系的なこと、これまでの病歴だって重要です。

参考 http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec06/ch086/ch086b.html

治療

TIAの治療目的は脳卒中の予防です。第1段階として、できれば主要な危険因子である高血圧、高コレステロール、喫煙、糖尿病などをコントロールします。加えて、アスピリンやジピリダモールなどの抗血小板薬を服用します。また心房細動などの不整脈や心臓弁膜症などがあってより強力な薬が必要な場合は、血液を固まりにくくするヘパリンやワルファリンなどの抗凝固薬が使われます。

頸動脈の閉塞の程度を知ることも、治療の手がかりになります。内頸動脈が70%以上ふさがっていて、6カ月以内に脳梗塞に似た症状が起きていた場合には、発症のリスクを減らすために血管内膜切除術と呼ばれる動脈を広げる手術を行うことがあります。動脈がそれほど狭くなっていないときは、時間の経過とともにふさがってくるのを防ぐためや、TIAの再発と脳梗塞の発症を防ぐために手術が行われます。血管内膜切除術では、内頸動脈にできた脂肪の沈着物であるアテロームや血のかたまりが取り除かれます。手術には、2〜6%の脳梗塞発症リスクを伴います。これは手術のときにはがれた血のかたまりなどが、血流に乗って移動し動脈に詰まることがあるためです。動脈の狭窄が軽度で症状がまったくない場合は、手術中に脳梗塞が起こるリスクは薬物療法よりも高くなります。しかし逆に、手術後のリスクは数年にわたって薬物療法よりも低くなります。

椎骨動脈などの他の動脈にも狭窄がある場合、これらの動脈の手術は内頸動脈よりも困難なため血管内膜切除術は行いません。

その代わりに血管形成術(血管形成術の方法を参照)が行われます。血管形成術では、先端にバルーンがついたカテーテルを、狭窄のある動脈内に通していきます。患部に到達したら、そこで数秒間バルーンをふくらませて狭くなった動脈を広げます。広げた動脈をそのまま開いた状態にしておくために、ステントと呼ばれるワイヤメッシュ製のチューブを挿入します。この方法は試験的ですが、将来、血管内膜切除術に取って代わると思われます。


2 ● sddfs4543
●0ポイント

むちゃくちゃなこというな

http://q.hatena.ne.jp

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ