人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

DNAをデザインして生まれてきた人のことをデザイナーズチルドレンと言いますが、これをバイオテクノロジー(遺伝子工学)の粋を集めたと言う表現をしたとします。
人体の脳内にチップを埋め込んでホルモンの分泌を制御して生まれた後の思考パターンや性格を制御して優秀な人間を育てるような分野が仮にあったとしたらそれはなんという医療や、工業の技術を使ったといえるでしょうか?

●質問者: maziro
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:チップ デザイナー デザイン バイオテクノロジー パターン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん
●27ポイント ベストアンサー

http://d.hatena.ne.jp/U-tan/20100218/1266424899

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%B...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E5%86%85%E5%88%8...

Wikiの多用すいません。

一応サイボーグ技術の一端という事になりそうですね。

ただ、基礎研究としては『神経内分泌学』(Neuroendocrinology)が対応しそうです。そうすると、NeuroEndocric-Cybernetic-Organismという三つの要素を掛け合わせてNendoCyberOrg、ネンドサイボーグ……なんかやだな。CyNEnOrg、サイネノーグとか? NECOではもうギャグの部類になりそうですし。

以上から私としてはサイネノーグを推したいと思います。

……NECOはこれで掌編小説が書けそうな気がしてきました。

◎質問者からの返答

NeuroEndocric-Cybernetic-OrganismでNECOっていいですねw


2 ● TREEG
●27ポイント

サイバネティクスではないでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%8...


3 ● あすか
●26ポイント

サイバネティクスです。

原典は以下の書籍になります。

サイバネティックス―動物と機械における制御と通信 (1957年)

サイバネティックス―動物と機械における制御と通信 (1957年)

  • 作者: ノーバート・ウィーナー
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: ?

◎質問者からの返答

ふむふむ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ