人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私は会社に借入金(会社から見れば貸付金)があり、毎年支払利息を取られているのですが、この支払利息を個人で経費にで金ないでしょうか。

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:会社 借入金 支払利息
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● あすか
●28ポイント

サラリーマンの方ですよね。

すでに給与所得控除されているので、借入金の利息は経費の対象になりません。


給与所得控除以外に経費として認められるの以下のものだけです


参考:サラリーマンの必要経費

◎質問者からの返答

サラリーマンではないのですが、その会社では給料をもらっています(その会社は自分が100%株式を持っています。)。


2 ● papavolvol
●27ポイント ベストアンサー

所得を申告して所得税を支払っている場合、その所得を得るために必然性があり、かつ妥当な必要経費を、収入から差し引いた金額を所得として申告して所得税を支払います。

なので、会社に支払っている利息が、何かの所得を得るために必然性があり、かつ妥当な必要経費である事が税務署に説明出来れば良いという事ですね。

その所得は、給与所得は対象になりません。給与所得控除をすでに受けているからです。もちろん、給与所得控除を上回る必要経費があれば給与所得控除に代わって必要経費を申告する事は出来ます。

考えられるのは、

1.その会社から役員報酬をもらっておられる場合に、役員報酬の収入の必要経費として申告する事が出来るかもしれません。(その会社からもらっておられるのが、給与なのか役員報酬なのか、再確認してみて下さい。)

2.家やマンションを所有されていて、それを不動産所得として申告されている場合に、その経費として申告できるかもしれません。

3.自分のビジネスを、個人事業主として申告されている場合、その事業の必要経費として申告できるかもしれません。

http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/kakutei/01/01.html

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


3 ● suppadv
●26ポイント

> サラリーマンではないのですが、その会社では給料をもらっています(その会社は自分が100%株式を持っています。)

自分の所有する会社から、貸付を受けているという状態ですね。

会社という法人から、個人が貸付を受けているので、基本的には無理です。

どうしても経費としたいということであれば、もう一つ事業を始めてそっちは個人事業として、会社からの貸付を個人事業への貸付という形にすれば、経費に出来ます。


100%株式を保有しているのであれば、利子は自分の会社の利益となるものですから、その利益から株の配当金として、ご自分に配当するというのはどうでしょうか。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


4 ● あすか
●9ポイント

サラリーマンではないのですが、その会社では給料をもらっています

給与所得者のことをサラリーマンと呼ぶのですが・・・自社株を持っていようがいまいが、関係ないのです。

http://q.hatena.ne.jp/1288856722#a1045483

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ