人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

記号論では、記号の機能を
指示機能・表出機能・訴え機能・美的機能
と分類することがあるようです。
この分類を最初に使ったのは誰でしょうか?


●質問者: isogaya
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:美的 記号論
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● adlib
●60ポイント

パース以後 ? 記号学の起承転結 ?

── 近年、言語のアイコン性(iconicity)についての研究が進みつ

つある。これはパース(C.S.Peirce,1839-1914)に遡る用語で、彼は

指示対象との類似によって機能する記号を「アイコン」(icon)と呼ん

だ。── 恣意性の原理・批判

http://www33.ocn.ne.jp/~homosignificans/symbolnoumi/content/work...

Peirce, Charles Sanders 18390910 America 19140419 74 /記号論

── パース/浅輪 幸夫・訳《偶然・愛・論理 1982‥‥ 三一書房》

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1182.html 千夜千冊 遊蕩篇

Saussure, Ferdinand de 18571126 Suisse 19130222 56 /記号学の祖

── 丸山 圭三郎《ソシュールの思想 19810715 岩波書店》

http://booklog.jp/asin/4000012207

Barthes, Roland 19151112 France 19800326 64 /記号学

── バルト/花輪 光・訳《記号学の冒険 1988-199911‥ みすず書房》

http://booklog.jp/asin/4622049686

Eco, Umberto 19320105 Italy /記号論

── エーコ/シービオク・共編/小池 滋・訳

《三人の記号 デュパン,ホームズ,パース 199004‥ 東京図書》

http://booklog.jp/asin/448900320X

http://www.umbertoeco.com/en/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ