人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

教えてください。
月給14万円 交通費1万円 月間労働時間140時間、
所定労働時間9時?17時 休憩12時?13時
休日 土日祝日
月末締め よく10日払い、週の始まりは日曜とする。

この人の10月の給料の中で、
9時から21時、
4時から18時、
祝日の8時から23時の
それぞれの日割り分の給料は幾らか?

という問題を労働基準法に基づいた計算方法で
説明してください。

●質問者: dragonforce1970
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:交通費 休日 労働基準法 労働時間 祝日
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● seble
●27ポイント

現実問題じゃないみたいだからかる?く行こう。

まずは月給を月間労働時間で割って時間当たり賃金を出す。

ええっと、、計算は苦手なんだな、あれ、あまりにも分かりやすい時給1000円、そんなバナナ、いかにもとって付けた問題だね。

(でも、現実には落とし穴があるけどね)

所定労働時間がnine to fiveでこれも映画のよう、(現実にそんな会社あるもんか)

休憩が1時間だから実質労働時間は7時間(うらやましい、公務員のよう)

で、土日が休日?法定休日はどっち?(問題に関係ないからいいってか?いいかげんな設問だね)

www

さて、字面はふざけても中身は真面目。

9?21時まで労働した場合、17時までは所定だから通常の時間賃金。7千円。

17時以降は時間外だけど、18時までの1時間は法定の8時間以内だから割増はなし。

  1. 千円

18?21時までの3時間は割増が25%ついて3750円。

あとは足し算すれば日給分が出る。(勝手にやって、、)

4?18時(早朝出勤かよ?ご苦労様、電車も走ってねぇじゃん、アナウンサーだな?それにしちゃ低賃金だけど、、w)

所定労働時間外は時間外労働と見なす。(そうだっけか?)

4?9時(17?18も)までが該当、しかも全体でも8時間を超えてるから25%増し、なおかつ深夜時間帯である22?5時に引っ掛かり、4?5時の1時間は50%増し

1500+5000円

所定内は通常通り7千円。

17?18時が時間外だけど、8時間を超えない部分として割増は無しの1000円。(割増なしの時間帯をどこへ入れても計算は同じ)

あとは・・以下同文。

祝日8?23時

(めんどくせぇな、)

祝日だからたぶん法定休日じゃない、(あくまでたぶん、土日のどっちかの法定休日の日がたまたま祝日だったりするな?あまのじゃくってか?)

全日時間外だけど通常の割増25%、ただし、ここも深夜時間帯が1時間入るからそこだけ50%増し、

あとは・・・以下同文。

ただし、

上記は穴だらけ。

まず、交通費。

実費から大きく外れる部分、ないし実態に関連せず一律的に支給される交通費は賃金と見なす。

(s23.2.20 基発第297号)

従って、実際の交通費が1万円よりかなり低いか、多くの社員が同額の場合、これは賃金、基準内賃金であり、割増賃金の基礎に含めなければならない。

所得税の対象にもなる(入れなきゃ脱税)

次、

月間140時間じゃ週40時間の法定労働時間に遠く及ばない。

たとえ1日が8時間を超えたとしても、祝日は8時間を超えるか週40を超えない限り割増はない。

また、祝日を休日に設定する場合、原則的には変形労働時間制になる。

これは期間内の所定労働時間が変化するので、祝日出勤を割増にするかどうか規定次第。

間違ってたらゴメン(オイ!)

http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM


2 ● うぃんど
●27ポイント

【1】時給換算

140,000円 ÷ 140時間 = 時給1,000円

【2】割増賃金の計算

適用 割増率 割増後の時給
時間外 25% 1,250円
深夜 25% 1,250円
時間外+早朝/深夜 50% 1,500円
休日 35% 1,350円
休日+深夜 60% 1,600円

【3】適用

通常分 時間外25% 深夜25% 時間外+深夜50% 合計
9時から21時 9-17 1000円x8時間=8,000円 17-21 1250円x4時間=6000円 - 14,000円
4時から18時 9-17 1000円x8時間=8,000円 5-9,17-18 1250円x5時間=6,250円 4-5 1500円x1時間=1500円 15,750円

休日35% 休日+深夜60% 合計
祝日の8時から23時 8-22 1350円x13時間=17,550円 22-23 1600円x1時間=1,600円 19,150円

http://osaka-rodo.go.jp/joken/jikan/aramasi/warimasi.html


3 ● きゃづみぃ
●26ポイント

http://www.roudou.net/ki_zangyo.htm

労働基準法では

8時間を越える労働時間に対して 1.25倍

22時から翌5時までが 1.25倍

休日は 1.35倍となります。

で、基準となる時給ですが、月給に交通費が含まれているならばそれを引いて

月間労働時間で とりあえず 割ります。

ま、計算しやすいように含まれていないという扱いにしましょう。

140000/140=1000

9時から21時の場合、8時間を越えるときは 1時間の休憩が必要となります。

なので 11時間

8時間を越えるのは 3時間

なので

8×1000+3×1000×1.25=11750円

4時から18時の場合、これも8時間を超えるので 1時間の休憩が必要となります。

なので 18-4-1=13

最初の1時間は 深夜扱いで1.25倍

1.25×1×1000+7×1000+5×1000×1.25=14500円

祝日の8時から23時の場合、これも8時間を超えるので 1時間の休憩が必要となります。

なので 23-8-1=14

祝日なので 通常の勤務が1.35倍

22時以降は 深夜扱いで 1.6倍(1.35+1.25で)。

それに 残業分も入れて 1.85倍(1.35+1.25+1.25で)となります。


8×1000×1.35+5×1000×1.6+1×1000×1.85=20650円

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ