人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

『山のロザリア』の原曲は本当にロシア民謡なのでしょうか。
原曲がアレクサンドロフスキー Alexandrovsky という曲なのはわかっています。

http://www.youtube.com/watch?v=gRImOw0_jGM
↑これがアレクサンドロフスキー(スペイン語でロシアの踊りだと書いてあるみたい)

http://www.youtube.com/watch?v=SMRiQxXH_K8
http://www.youtube.com/watch?v=YxUVRNESSFQ
↑これが『山のロザリア』(歌詞が何種類かあります)


ところで、アレクサンドロフスキーのロシア語のつづりは
Александровски だと思うんですが、
これで検索してもフォークダンスっぽいものがヒットしません
(あまり真剣には探していないのですが)。

だれか『山のロザリア』がロシア民謡である証拠を探してきてください。
よろしくお願いします。

●質問者: chinjuh
●カテゴリ:旅行・地域情報 書籍・音楽・映画
✍キーワード:いもの なのは アレク サンドロ スキー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●50ポイント

証拠といえるかどうか判りませんが、このサイトの情報はどうでしょうか。

ロシア民謡についての誤解の話があって、その後に、ロシアのフォークダンスの曲の一つとして Alexandrovskyが紹介されています。

http://hwm7.gyao.ne.jp/jojon/country2/Russia/Russia.html

http://hwm7.gyao.ne.jp/jojon/index.html


このような記載も

http://jojon.iinaa.net/best_400/cd_16.htm

アレクサンドロフスキー [ Alexandrovsky ]

3/4 拍子のワルツで、ボール・ルーム・ダンスです。

日本では、「山のロザリア」として有名ですが、アレクサンドロフスキーのタイトルの意味することは不明です。アレクサンドロフスカとも呼ばれています。

18世紀の初め、ビヨートル大帝が民衆の娯楽のために、西ヨーロッパのボール・ルーム・ダンスを導入して以来、ロシアの踊りは東洋系から西洋系に一変したと言われています。その後もアンナ女帝、その他によって西洋化の傾向は維持されました。

アレクサンドロフスキーは、旧ロシア時代のボール・ルーム・タイプの踊りだと言われています。つまり、ボール・ルームとしても踊られていましたが、平民たちも屋外などで踊っていたのです。

この踊りの踊り方も様々ですが、音楽も沢山あります。ここでは、より美しい音楽を選びました。

◎質問者からの返答

まずは日本の資料からあたってくださってありがとうございます。

でもなんか、きっとそのサイトの人も

どっかの本の受け売りっぽい感じがします。

それだとわたしの知識を上塗りするだけなんですよねー?


ロシア語の資料にうちの民謡だって書いてあったらまるっと信じます。


2 ● sibazyun
●50ポイント ベストアンサー

・東京大学民族舞踊研究会というところの解説(*1)によると、ロシアの民族舞踏に「ボールルーム系」という、宮廷の踊りをまねた民族舞踏があって、その一つがアレクサンドロフスキーという優雅な踊りであること、その名前は皇帝アレクサンドル2世を称えたものという説があることが紹介されています。

・なお、同じようなことを知りたい方がいて、詞(丘灯至夫作詞)については、(*2)に載っていますね。

(*1)http://tofdc.nobody.jp/re/nakao/nakao5.htm の第5節

(*2)http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000071...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

(*1)はページが白くてみられませんでした(うちのせいかもしれません)。

(*2)のほうを拝見しました。suppadv さんの回答とあわせて、

やっぱりロシア民謡であることは間違いなさそうなんですね。

(こちらはソースの記載もありますし)

この点はいちおう納得します。


が、別に質問をたてますのでよろしくお願いします。

じゃあ、素朴な疑問なんですが、ロシアでは知られてないのかってことです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ