人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【数学:楕円の問題】

<放物線y=x^2+Kが楕円x^2+4y^=4と異なる4点で交わるための定数kの値の範囲>

x^2=y-kをx^2+4y^2=4に代入して整理すると

? 4y^2+y-(K+4)=0

放物線y=x^2+kと楕円x^2+4y^=4はy軸に関して対称である。よって異なる4点
で交わる条件は?が-1<y<1において異なる2つの実数解をもつことである。
?の左辺をf(y)とすると、この条件は

[1] 判別式D>0から 1+16(K+4)>0
ゆえに ? k>-65/16
[2] f(1)=1-k>0から ? k<1
[3] f(-1)=-1-K>0から ? k<-1

?、?、?の共通範囲より -65/16<K<-1

答えと↑に書いた所はあっているんですが条件に
「軸:y=-1/2*4=-1/8であり -1<-1/8<1となっている」が抜けているみたいです。
これの意味がわからなくて困っています。どなたかわかる方いらっしゃいましたら
教えて頂けると助かります。






●質問者: happy-yuu
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:実数 数学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● rsc
●80ポイント ベストアンサー

結局、元の問題は、「2次方程式の解の存在範囲」の問題に帰着されたわけですが、この種の問題では、?実数条件、?軸の条件、?端の条件の3つを考えるのが普通です。

こちらは参考になるでしょうか。

●[PDF] 解の存在範囲の確認

http://izumi-math.jp/S_Yoshida/matome/s1_2jikansu_sonzaihanni.pd...

●[PDF] 2次方程式の解と数の大小の確認

http://izumi-math.jp/S_Yoshida/matome/s2_kaitokeisu.pdf

●解の分離

http://www004.upp.so-net.ne.jp/s_honma/solution/code.htm

●2次方程式の解の範囲

http://homepage3.nifty.com/fum_s/math1-5/math1-5-1.html

●[PDF] D.二次方程式の解の存在範囲

http://www.wainet.ne.jp/~f-goto/mathkaisetu.pdf

●2次方程式の解の配置

http://www.cfv21.com/math/solplace2.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。とても参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ