人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本の大手メーカーのLED電球は、放熱のために巨大なヒートシンクが付いています。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/feeel-shopping/000000027843.html
こんなLED電球があるのですが、何らかの問題点はないのでしょうか?

●質問者: Gleam
●カテゴリ:生活 家電・AV機器
✍キーワード:ヒートシンク メーカー 問題点 LED電球
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
●40ポイント ベストアンサー

LED照明の最大の欠点は「熱に弱い」と言う事です。

具体的には比較的低温で発光素子自体が溶けてしまいます。

その為、熱平衡を確保するのに大げさとも思えるほどの放熱版を備える製品が多いのです。

発熱量は電力に比例します。

電力の光への変換効率には販売されている素子による差はそれほどありません。

つまり放熱板を省略していると言う事は出力を落としているか?溶けるギリギリまで上げているか?の二択です。

おそらくは一つ一つの発光素子の出力が弱い初期のタイプの素子を多数並べて、素子の数だけは多い事を喧伝していると思われます。

ボディーも比較的大きくなってしまうので、お値段相応ではありますが、40Wクラス以下の明るさか、さもなければ実使用状態での寿命がかなり短い機種である可能性が高いと思います。

或いは光の拡がりを犠牲にすれば、ある程度のスペックは出せます。

元々LEDは収束する光を発生させる素子です。

改良が重ねられたとは言え、拡散する分は変換効率が犠牲になります。

つまり、拡がりのある光を発生させれば、その分発熱量が増えます。

もしかしたらスポットライトのような照明が多数連続していて、段差のある明かりになるかもしれません。

少なくとも、性能的には国産の現行品の方が断然優れているでしょう。

◎質問者からの返答

丁寧な回答ありがとうございます。

回答の中に、私の予測した内容もあれば、ないものもありました。

大変勉強になりました。


2 ● i2tdy
●35ポイント

ヒートシンクは、電球の寿命を延ばすためなので、定格寿命の仕様に関わるはずです。

(設計によって、ヒートシンクがあっても有効でないとか、無くても問題ないとかも考えられるので、一概には決めつけられないでしょうけど。)

LED電球によって、この定格寿命を公表しているものと公表していないものがあるようですが、この違いが目安になりそうです。

もちろん、数値を公表しているからといって、その求め方がいいかげんなことも考えられますが、LED電球の長所である長寿命を示す数値が出てないというのは、検証の結果公表できない程短いから?検証すら行っていない?などの疑いがもたれて、より怪しいです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

確かにURLの製品には怪しい雰囲気が漂っていますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ