人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

臨床心理士によるカウンセリングの意味について教えてください。
人の話を聞く職業は、精神科医、ケースワーカー、看護師、宗教家等
様々ありますが、心理学に基づくカウンセリングには特別な意味があるのでしょうか。

そう考えた理由は、
相手が誰であっても人に黙って話を聞いてもらうと、心が落ち着くのではないか。
にも関わらずいわゆるカウンセラーとして活動している人は臨床心理士がほとんど(のように思う。)
臨床心理士(ここでは心理学を専門的に学んだ人くらいの意味で使っています)が、
カウンセリングを行うのは特別な意味があるのではないか。

様々な意見を聞きたいですが、できれば立場を明らかにしていただけるとありがたいです(心理士かそれ以外の職業など)。


●質問者: moru
●カテゴリ:医療・健康 人生相談
✍キーワード:ほと カウンセラー カウンセリング ケースワーカー 宗教家
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● deflation
●9ポイント

臨床心理士は国家資格ですから、そういう点で意味があります。

◎質問者からの返答

臨床心理士は国家資格ではありません。。

また、対して医師や社会福祉士、看護師は国家資格です。

ここで聞きたいのは「心理学の専門家がカウンセリングを行うことでクライエントの利益となる機序」です。


2 ● suppadv
●17ポイント

>相手が誰であっても人に黙って話を聞いてもらうと、心が落ち着くのではないか。

その通りですね。

ただし、普通の人は、黙って話を聞くというのが難しく、つい自分の観点からのアドバイスを良かれと思って、したくなります。

そのため、カウンセリング理論等を学んでいることが重要です。

学んでいても、実践できなければしょうがないので、そのあたりは、カウンセラーの資質と関係あることになります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

心理学を学んでいる人はカウンセリング理論等を学んでいるので、一般の人より傾聴の姿勢が取れる。

臨床心理士などの資格はその辺の資質の目安にもなるということでしょうか。


3 ● a-kuma3
●17ポイント

大学で心理学を講義でとった程度の一般人です。


プラシーボと同じように、何らかの技術を持っているであろう人に聞いてもらっている、というのが効果がありそうな気がします。


それを置いといても、専門に学んだ人は、ただ話を聞いているだけではなくて、話をひきだしてくれるような技術を持っているんじゃないかと想像します。

2?30秒くらいなら臨床療法士でもお地蔵さんでもかわりはないかもしれませんが、話をひきだしてくれることで、最終的に普通には話せないようなことも、聞き出してくれるんじゃないか、と。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

>大学で心理学を講義でとった程度の一般人です。

私も同じような心理学についての知識です。

臨床心理士という権威が、カウンセリングの効果(精神的な負担の軽減、すっきりする)を増加させるということですね。

引き続き、回答を受け付けたいのですが、「心理学の専門家がカウンセリングを行うことでクライエントの利益となる機序」について、

実際の心理士さんからの意見も聞きたいです。それ以外の人も立場を明らかにして回答いただけるとありがたいです。


4 ● rsc
●17ポイント

大学の教養程度のただの心理学ファンですが、こちらは参考になるでしょうか。

相手が誰であっても人に黙って話を聞いてもらうと、心が落ち着くのではないか。

一般的に、そう言われているようです。それは、非指示的療法と呼ばれ、自己肯定感に関係しているようです。

下記URLの本の「自分を肯定してくれる相手を好きになる心理」のところに、「これはカウンセリングにかぎりません。」と書いてありました。

心理分析ができる本

心理分析ができる本

  • 作者: 斉藤 勇
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※参考URL

http://d.hatena.ne.jp/rsc96074/20101125/1290697514

臨床心理士(ここでは心理学を専門的に学んだ人くらいの意味で使っています)が、

カウンセリングを行うのは特別な意味があるのではないか。

専門知識があるのはもちろんのこと、臨床心理士には、一応、守秘義務があります。しかし、病院で働いている場合を除いて、法的には親告罪で、縛りがちょっと弱いようなので、守秘義務が刑法で規定されている医師の方が安全かも知れません。

●心理カウンセラーの倫理 :臨床心理士(心理カウンセラー)入門ガイド

クライアントから聞いた事を第三者に漏らすことはクライアントの信頼を裏切るばかりでなく、法律上の責任を問われる事にもなります。

http://psychology.sakura.ne.jp/a-5.html

●しゅう兄さんの臨床心理士的生活- 守秘義務とブログ-

http://syuaniki.blog33.fc2.com/blog-entry-249.html

●しゅう兄さんの臨床心理士的生活- 守秘義務とブログ 2-

http://syuaniki.blog33.fc2.com/blog-entry-255.html

◎質問者からの返答

参考になります。ありがとうございます。


5 ● なぜなに
●17ポイント

(財)日本臨床心理士認定協会によると、

臨床心理士のカウンセリングでは、臨床心理査定、臨床心理面接、

臨床心理的地域援助、またこれらに関する調査・研究といった、

臨床心理士ならではの専門業務や専門行為というものがあるそうです。

「臨床心理士の専門業務」:http://www.fjcbcp.or.jp/gyomu.html

専門行為の詳細も下記に載っています。:

http://www.fjcbcp.or.jp/about.html


また、精神科医、ケースワーカー、看護師、宗教家等はそれぞれの専門の

職域の中での活動分野が限られていますが、臨床心理士は凡庸性がある為に

活動領域は、教育、医療、司法、福祉、産業など多岐にわたるそうです。

http://www.fjcbcp.or.jp/shokuiki.html


更には、臨床心理士がカウンセリングで活躍できる、

それぞれの職域における固有な心の支援活動もあるようです。

例えば、スクールカウンセラー、子育て支援、高齢者支援、

犯罪被害者等支援などに専念する臨床心理士の支援活動があげられます。

そのため、臨床心理士のカウンセリングには、

病院に行って精神科医の診療を受けたり、

教会に行って神父さんに懺悔したりするのとは

違った専門業務や専門行為、活動領域や支援があるために

意義があると思われます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。必要としていた情報にかなり近いです。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ