人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: moru
●カテゴリ:医療・健康 人生相談
✍キーワード:ほと カウンセラー カウンセリング ケースワーカー 宗教家
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

6 ● windofiuly
●9ポイント

専門のトレーニングを受けた臨床心理士にカウンセリングしてもらうことは

効果があります。

◎質問者からの返答

専門のトレーニングによってどのような知識・能力が身につき、

その者がカウンセリングすることによってどのように効果があるのか聞きたいのです。


7 ● グラ娘。
●16ポイント ベストアンサー

心理士、カウンセラーに興味を持つ(ある意味では学びつつある)一般人です。

臨床心理士さんや認定心理士さんなどには実際に何度かお世話になったことがあります。


悩みが深刻でなくお話を聞いてもらうだけですっきりするのでしたら、正直誰でもよいと思います。

ただし、悩みや症状が重ければ、それらを分析、分類でき、対処方法、症例など専門知識を持った

方でないと適切な対応は得られないと思います。専門家でしか成し得ない療法もいろいろあります。

(心理学の知識がなくてもとても経験を積んだ方であれば同じかそれ以上の対応が可能な方も

おられると思いますが、こちらから見分けることが難しいですよね)


また、ご存知だとは思いますが、カウンセリングに先立って心理検査などを行うことができます。

これらは、万能ではないですが、事前情報無しで始めるよりも効率的、有意義である可能性が高いです。


心理士さんは基本的にはクライアント自身で解決させる方向で話を進めますので、特定の宗教を信じたり、

相談相手の人格や知識を闇雲に尊敬、崇拝する必要がありません。


臨床心理士という肩書きを持っていらっしゃる方は現在進行形で心理学について

学ばれているので、古い偏った知識を元に意見される危険性が少ないと思います。


プライバシーの保護に関しては、そこらの誰某より、看板を掲げた医院、それを専門に職業としている

カウンセラーに聞いてもらうほうが安心できるのではないでしょうか?


極端な例では、臨床心理士はクライアントの利益を最優先にするため、暴力行為や誹謗中傷などを

行ってしまいそうな方に対してのある程度の免疫やリスク管理ができている(それを目指している)

そうなので、不用意にこちらから危害を加えてしまう危険を回避できる可能性が高まります。



以下は補足

●精神科医

精神科医は、患者さんのお話をじっくり聞けないという制約があるそうです。(間違ってたらすみません)

現状の保険制度かなにかの経営上の問題で。なのでじっくり聞く場合は心理士さんなどになるかと。


●カウンセラーとして活動している人は臨床心理士がほとんど

これについては、取得と継続が容易ではなく、最も高位の資格(私の知識では)の臨床心理士ですら

安定した就職が望めない面もある供給過多の背景が一因であると思っています。

カウンセラー募集などあっても経験者に限られ、まず経験をつむのが難しい現状。


●経験談(臨床心理士さんのカウンセリングを受けて)

私自身が認識できていない問題や、あえて意識しないできた問題について引き出して、いくつか例を

あげていただいたりしつつ具体化していただけました。

具体化したあとはどうするべきか考える時間をくださったりします。

で、いくつかこちらから対応案を述べたあと、軽く後押しするような情報をいただけたり。

黙っているとあくまで一例としていろいろなお話をしてくださいます。(ごく自然で押し付けがましくない。たまに自分の趣味の話に走る心理士さんもいましたが、まぁそれはそれでひとつの手法かなぁと)

このあたりのテクニックはやはり、学んで経験をつんでおかないと身につかないなぁと。

◎質問者からの返答

心理検査を実施することができること、心理検査の結果に基づいたカウンセリングを行うことができることは、

たしかに臨床心理士(という資格を持っている人?)の優位性ですね。

経験談として書いていただいたことから、

資格を持っている→たくさんの人からセンシティブな話を聞く機会に恵まれる→カウンセリングを行う上での技術が上がる→相談者の利益

ということも言えるかもしれませんね。ありがとうございます。


8 ● online_p
●16ポイント

まったく無意味か有害の場合が多いと思います。

臨床心理士という民間資格は一種の利権というか、教育心理学の教員たちが自分たちを権威づけたり、おめでたい学生を集めるための詐欺を働くためにでっち上げたものですね。彼らの多くは教育学の専門家ですが、心理療法については素人です。

外国の大学でいう臨床心理学は心理療法のことですが、日本では教育カウンセリング(教育相談)の類いを臨床心理学と呼んでおり、これは本来まったく別物です。教育カウンセリングでは教師としての教育は受けていますが、心理療法の教育は受けていません。

だから、臨床心理士は内容から言って看板に偽りありだし、教育心理学の分野以外では何らの職業にも結びつかず社会的にも無価値です。

過去には、この資格を発行している団体の理事(私立大学教授)が、女子学生に睡眠薬を飲ませて、いたずらしようとして逮捕されたり、不祥事もいくつかあります。

私立大学の宣伝などで、臨床心理士の資格がとれるとかよくありますが、とっても何にもならないような似非資格で善良な学生を騙そうとするのはいかがなものかと思います。

◎質問者からの返答

そもそも"日本の"臨床心理士はカウンセリングを受ける人に利益をもたらす能力を持っていないので、

それらが行うカウンセリングは意味がということですね。

興味深いご意見です。


9 ● satomi3412
●16ポイント

やはり専門に心理学を学んだ人は相手の気持ちを引き出せる技をもっていると思います。ただ黙って聞いてあげることはあ、

だれでもできますが、内面の事をひきだすことはできません。


10 ● online_p
●16ポイント

利益をもたらす能力はもっていないのは確実ですが、害をもたらす能力、あるいは劣悪性をもっている場合も多いと思います。

それは過去に起きた少年による重大事件の背景を探れば、わかります。

また、刑務所で受刑者にカウンセリングを受けさせた場合、受けたグループの再犯率がきわめて高くなったという研究結果もあります。

臨床心理士などのいいかげんなカウンセリングには効果がないだけでなく、人に害をもたらしたり、犯罪を誘発する可能性も大いにあるということです。

大人の場合、強制的にカウンセリングを受けらせられることはほとんどないと思いますが、子供などの場合は、非行の懲罰として受けさせられるケースが多いのは考えものです。

臨床心理士自体が病んでいる、問題人格であることも珍しいケースではなく、婦女暴行を起こしたような理事の団体が発行する民間資格に一体なんの意味があるのかと疑問に思います。


6-10件表示/10件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ