人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

宇宙物体によって何らかの損害が引き起こされた場合、物体の打ち上げ国は無限の無過失責任を負う。
ウィキペディアをしらべてみると宇宙損害責任条約にこういったことが記されておりますが。
GPSによって受けた損害はすべてアメリカが無限の無過失責任を負うのでしょうか?

●質問者: maziro
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:GPS アメリカ ウィキペディア 宇宙 打ち上げ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/4件

▽最新の回答へ

1 ● y-kawaz
●35ポイント

「GPSによって受けた損害」というのは何を想定しているでしょうか?

GPS用の衛生が墜落して家が大破したとかだと過失責任を負うと思いますが、GPS電波の精度に問題があってカーナビ不調で迷子になったとかでは責任は違うと思いますので。

http://q.hatena.ne.jp/answer


2 ● seble
●35ポイント

実際に損害を受ければそうでしょう。

ただし、損害の定義を誤解している可能性があります。

あなたは米国へGPSの使用料を払っているでしょうか?

米国はあなた(全世界の米国籍以外の人間)のためにGPSを運用している訳ではなく、単に米軍の設備の一部です。

勝手に無断で使っているのはあなた(その他、全世界の利用者)であって、米国はまあいいよ、と黙認はしていますが、サービスとして提供している訳でも何でもありません。

従って、衛星が落ちてきてあなたを直撃して被害をもたらしたりでもしない限り、無断で使っているのはあなたの方なので損害の請求は不可能です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9...

ちなみに湾岸戦争などの時は、敵側に利用させないためにGPSの信号に暗号をかけたり、わざとデータを攪乱させたりしてます。

もちろん、暗号を持たない米軍以外の利用者全員が混乱する事になりますが、そもそもの所有者が米軍なのでどうにもなりません。

将来はそのような操作をしないとされていますが、そんなものを信じる方がどうかしてますね。

他国でも同様のシステムを作りかけていますが、予算の問題や静止軌道が混雑しているために米軍を抜くのはなかなか難しいです。

日本でも少しできていますが、実用になるのはいつのことやら・・・

もちろん運用開始されたところで、単なる国のサービスの一環であり、直接の損害以外請求権はありません。

直接の損害と、利益を失う事は全く別次元の問題なので混同してはいけません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ