人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ひろゆきの日記によると、
日本全体の金融資産の8割は、50代以上が所有していると言います。
http://hiro.asks.jp/74599.html

?
この方たちが亡くなって、
ざっくり、いくらくらいが、国に入るんでしょうか?

?
遺産相続しない場合、
土地や金融資産は、誰の物になるのでしょうか?

●質問者: brannew
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:ひろゆき 土地 相続 資産 金融
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● deflation
●40ポイント ベストアンサー

おそらく、ひろゆき氏が参照しているのは、4年前に野村総研が公表した報告書だと思います。

遺産相続で相続税が課税されるのは相続発生件数全体の5%程度にすぎないそうです。


?実際、平成20年度決算における国の相続税収入は約1.5兆円でしかありません。


?相続財産管理人を選任し、共有者や特別縁故者に分配します。分配者がいない場合には裁判所の手続きを経て、国庫に入ります。→相続人がいない場合

◎質問者からの返答

ひえー

それだと、金持ちは金持ちのままってことですか。。


2 ● online_p
●40ポイント

1ほとんど入らない。資産を多くもつものは相続対策をやっている。

2国庫に入る。

◎質問者からの返答

金持ちは金持ちが連鎖し続けるんですね

貧乏は貧乏。

貧乏人が金持ちになろうと思うとお金が必要なので、これじゃ、奴隷の時代と変わらないですね


3 ● SweetSmile1978
●0ポイント

金融資産といっても預貯金だけでなく

株式や保険金なども含めた金額ですし

いくらぐらい国にはいるかははっきり言ってわからないですね。

基本的に相続されないということはありませんが、

法定相続人がいない場合国庫に入ることになっていたと思います。

◎質問者からの返答

そんなこたえじゃなくて、ざっくりでもよかったのでこたえてほしかったです。

おーぷんするだけでもぽいんとがひつようなので。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ