人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【毎年110万円贈与】
-- 回答受付中にコメント・トラックバックを表示する --

【Q1】非課税限度額の110万円の贈与を続けると、相続の先食いとみなされるので
よくないとの話をよく耳にしますが、次のような例でもそうでしょうか?

- 数年前から息子が家を新築する意思があり、それを支援する目的で毎年110万円の贈与をしていた.
- 息子はこれまでは非課税限度額内なので贈与税(=0円)の申告はしていない.
- 今年(2010)は1610万円を贈与(※).
- 現在、新居を建築中で2011年3月入居の予定.
- 2011年に息子は2010年の住宅資金贈与1500万円の非課税申告をする.

(この例ではこれまでの毎年110万円の贈与は法律で定められた非課税限度枠内であり、
使用目的もはっきりしており、問題は無いのではないでしょうか?)

【Q2】この例で、2009年以前の各年110万円の贈与の申告は必要ありませんか?

【Q3】仮に来年(2011年)後半に私が不慮の事故で死亡して相続手続きが発生したとすると、
過去数年の贈与は相続の一部と見倣されて相続税の対象になることはないのでしょうか?

※《過去の参考質問》
http://q.hatena.ne.jp/1287195750


●質問者: mkonomi
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:2009年 2010年 コメント トラックバック 事故
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● deflation
●40ポイント ベストアンサー

毎年繰り返し贈与することを、連年贈与とよびます。

贈与の目的がどうあれ、決まった額を毎年贈与するのであれば、第二十四条の「定期金給付契約」に当たるので課税されます。


参考「連年贈与とは?

◎質問者からの返答

回答ありがとうございました。

相続の関係がない祖父母から孫への贈与の場合はどうなりますか?

(孫の両親は健在として)

お分かりでしたら、コメント欄へコメントしてください。

よろしく、お願いします。


2 ● SweetSmile1978
●22ポイント

はっきりいって税務署に相談した方が良いでしょう。

下手をすると脱税と見なされる可能性もあるかもしれません。

過去の贈与に関してはきちんと契約書を作るなり

確定申告をして贈与が行われたという事実をつくっておいたほうがよさそうですね。

あと死亡した前3年間の贈与は相続財産として加算して

相続税の計算が行われるようです。

http://www.souzoku-taisaku.com/p7-seizenzouyo.htm

http://zouyo.sblo.jp/

http://www2.odn.ne.jp/~cjj30630/seizenzoyo.html

◎質問者からの返答

回答ありがとうございました。

税務署に相談する前の予備知識を得るために「はてな」で質問している次第です。


3 ● suppadv
●22ポイント

【Q1】非課税限度額の110万円の贈与を続けると、相続の先食いとみなされるので

よくないとの話をよく耳にしますが、次のような例でもそうでしょうか?

>数年前から息子が家を新築する意思があり、それを支援する目的で毎年110万円の贈与をしていた.

>今年(2010)は1610万円を贈与(※).

今年度だけなら大丈夫ですが、その前の分は、使用目的から、多額の贈与を分割していると考えられますので、このままでは、税務署から指摘される可能性があります。



【Q2】この例で、2009年以前の各年110万円の贈与の申告は必要ありませんか?

指摘される可能性がありますが、指摘されない可能性もあるので、本人の考え方によると思います。

【Q3】仮に来年(2011年)後半に私が不慮の事故で死亡して相続手続きが発生したとすると、

過去数年の贈与は相続の一部と見倣されて相続税の対象になることはないのでしょうか?

相続時精算課税の特例による非課税枠 2500万円がありますので、大丈夫です。


http://www.zouyo.jp/hikazeiwaku.html

◎質問者からの返答

回答ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ