人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ほうっ、フランソワーズ・サガンの 『悲しみよ、今日わ』 が i-Tunes の映画部門ランキングで急上昇(現在 1000タイトル以上中 105位!)してる、嬉しいナ、ショーもナイ日本のヤクザ映画や怪獣映画が多い中で、コンナ映画が多くの人の目を惹き付けているのは!!!!!!


コンナ パーソナルな作品は、ソファかベッドにでも寝転んで i-Pad で視るのもイイ、気分が変われば、i-Pad から Apple TV へ AirPlay で大型液晶テレビの画面に切り替えと、夢の様な新しい映画の視聴スタイルがヤッテ来たナ!!!!!!!!


フランス映画と言えば、前にもココで紹介したソフィー・マルソーの 『ブーム』 や 世界で一番美しくオレが好きな イザベル・アジャニの作品群や巨匠クロード・ルルーシュのキラ星の如き名作連 『男と女』『パリの巡り逢い』『白い恋人たち』『愛と悲しみのボレロ』


等や同じく世界の映画史に深くソノ名を刻む フランソワ・トゥリュフォーの佳作群(『恋のエチュード』『アデルの恋の物語』『大人はわかってくれない』『トゥリュフォーの思春期』『日曜日が待ち遠しい!』『アメリカの夜』)等、早く i-Tunes の映画リストに加えてクレ!!!!!!!!





1291609279
●拡大する

●質問者: Hafiz
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:AirPlay Apple TV i-tune PAD 『男と女』
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

[1]ほう、経験が生きたな eakum

...とか思ったらところどころ表記がヘンですね。それはさておきフランス映画と言えば、シャルロット・ゲンズブールなぞはお好きではないですか?また、アジャーニ作品として見過ごされがちな『ポゼッション』、釈迦に説法とは思いますがもしグロねたで敬遠なさってたらぜひ御覧いただきたい。アジャーニの神ががり的美しさが逆説的に活かされた異色の逸品となっておりまする。


[2]>1 表記はオレの方が正しい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 向こうが間違ってる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! Hafiz

アジャニもルルーシュもアルジェリア系って知ってるか!? 異邦人的差別も地方でならあったカモ。パリの自由な雰囲気であったればコソ!!!!!!!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ