人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

相乗積についての質問です。

大分類 売上構成比 粗利率 相乗積
---------------------------------------
食品 50% 30% 15
文具 40% 25% 10
その他 10% 20% 2
---------------------------------------
合計 100 27% 27

であるとして、大分類「食品」の下位分類の中分類の相乗積を表す場合、どちらを使われてますか?

中分類 売上構成比 粗利率 相乗積
---------------------------------------
飲料 60% 30% 9 or 18?
パン 40% 30% 6 or 12?
---------------------------------------

参考URL
http://www.aquair.co.jp/yosan.html

よろしくお願いします。


●質問者: DAP
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:URL 大分類 食品 飲料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Silvanus
●60ポイント

ある分類に属する下位分類の相乗積の合計は

その分類自体の相乗積に一致しなければ意味がありません。

でないと、全体に対する個々の商品の「重み」の評価を適正に行えません。

この例の場合、大分類「食品」内の売上構成比が

「飲料」60%、「パン」40%となっていますが、

相乗積を算出する場合は、下位分類内の売上構成比でなく、

全体における売上構成比を用いなければなりません。

全体における「飲料」「パン」の売上構成比は、

大分類「食品」の売上構成比である50%を乗じて

「飲料」60%×0.5=30%、「パン」40%×0.5=20%となり、

この数字を用いて計算すれば、相乗積はそれぞれ飲料9、パン6になり

その合計は、大分類「食品」の相乗積である15に等しくなります。


2 ● sibazyun
●10ポイント

何のために「相乗積」を求めるか、ですが、

これが「100万円の総売り上げ、27万円の利益の内で、食品の占める

のは何万円?15万円!」というのを見つけるためとすれば、

「食品の内で飲料の占めるのは何万円?9万円!」が分かるのが

よいでしょう。

もっとも、これが事業部別に独立採算制をとっている総合商社であれば、

商社中の食品事業部の割合と、食品事業部中の飲料部門の割合とでも

いうのなら、行きかたもあるでしょう。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ