人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

現在でいう「人間的自然」概念を最初に使った西洋の哲学者は誰だったでしょうか?(フォイエルバッハやヒュームなどが想起されるのですが……。)

できれば原綴も教えてください。

●質問者: ak2ey4
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ヒューム フォイエルバッハ 人間 哲学者 最初
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● みしか
●35ポイント

ジャン=ジャック・ルソーの「エミール、あるいは教育について」でしよう。ルソーは、Rousseau。

「ロマンチック」という言葉も、現在のような意味で最初に使ったのは、彼の「孤独な散歩者の夢想」です。

PB版のJohannes Hoffmeisterの「哲学的概念辞典」を参照のこと。「Natur」の項目。

オンラインではスタンフォード大学のサイトに哲学的概念の辞典のページあり、

そこでnatureを検索のこと。

カント、シェリングが出てきますが、ルソーの方が時代的には前になります。

http://plato.stanford.edu/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。すみません、原綴は「人間的自然」の、ということだったのですが。

Hoffmeister『哲学的概念辞典』というのは持っていないので、スタンフォード哲学百科で"nature"検索してみましたが、項目は見つかりませんでした。「ルソー」を見ると、「彼はhuman natureの可塑性を信じる者として……」、および「『社会契約論』において……彼は自由の放棄はhuman natureと対立すると書き……」、とのみあり、人間概念との関連では、社会的善と自由との接続という文脈でのみ出現しています。

『岩波哲学・思想事典』の「自然」にも「人間的自然」への言及はありません。「人間」の項目には、西洋の人間観は原子論の流れと精神主義の流れとがあり、残りはそれら二つの「変奏曲」である旨あります。私が考えている「人間的自然」は後者のそれ、つまり近代的で、心身論的で、理性・主体性・自己言及性を本質とする、人間を考えています。

私がこの質問で探しているのは、現代から思想的遺伝を遡及した場合の、最も昔の「人間的自然」です。「自然@人間 human nature or nature of human」であれば、哲学者ならば誰でも考える主題でしょう。「人間とは何か」という問いですから。あくまでも思想的引用の接続がある限りでの「最初の人」です。

mishika53様を信用しないではないですが、以上の前提でもう一度ご回答いただけると幸いです。


2 ● みしか
●35ポイント

http://politische-theorie.suite101.de/article.cfm/der_naturzusta...

読みやすそうなものでルソーの人間的自然についてのコンパクトな解説をご紹介。

ホッブスの人間の自然観(要するに人間の本性自然ということですが)を扱ったものも関連論文ということで、

左脇の欄にリンクがあります。

辞典の項目ではなく、「エミール」をお読みください。

Hoffmeisterは、持っているものではなく、大学の哲学科の図書室に普通あるものです。

哲学の概念が誰によって使い始められて、どのような使用法があるかを見るときに使う辞典です。

ちなみに英語でのhuman natureだと、ウェブスターは1594年が初出といい、

Britanicaは、初期の概念としての使用者にホッブス、ロックを挙げています。


http://www.merriam-webster.com/dictionary/human+nature

http://www.britannica.com/EBchecked/topic/275811/human-nature

◎質問者からの返答

> 哲学の概念が誰によって使い始められて、どのような使用法があるかを見るときに使う辞典です

へ?。知りませんでした。ありがとうございます。いいことを聞きました。今後使うことにします。

スミマセン、最初にあげていただいたリンクですが、私は外国語は英語以外は辞書を引き引き激遅なのです……。ざっくり眺めてみたのですが、やはり、ルソーだと社会や経済の論、ないし法哲学のような形で「人間の自然」を論じるようですね。

さっくり言うと、人間のユニークかつ最大の本質は理性(無矛盾性の追求の欲望)、と言った近代最初の人が知りたいのですよね。

ブリタニカも見てみます。

mishika53様は西洋哲学のプロとお見受けします。今後ともご回答いただければ幸いです。

私は英語以外の外国語をまったく勉強する気がしない(語源学は好きだし必要なので、語源をたどって概念の出自を調べることは十分にします)ので、いつまでたっても……。でも、いいんです。哲学で食うのはとっくにあきらめていますから。

よろしければ今後ともお付き合いください。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ