人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

転職の際に見せる、WEBデザイナーのポートフォリオサイトについて教えてください。(注意:サイトです)

聞きたいことは2つあります。

1)どのようなポートフォリオサイトをみて、感じたこと、良かった点など教えてください。
担当者の好みにもよるかと思いますが、
実際選考する際に、どのようなポートフォリオを見て、印象を受けたこと、このようにすればもっと・・、良かった点、など
参考になりそうな回答を、できるだけ詳しくお願いします。

※サイトを見てないでも感想がかけてしまうため、短すぎるものに関しては、ポイントを配当しません。(好みだったから、だけなど)


2)ポートフォリオサイトを作成するのは、フリーランスの方のみですか?
企業に勤めている方が転職する場合は、ポートフォリオサイトを作成しないのでしょうか?
(他企業のHPをこのように作成した、と載せたいが、
ポートフォリオサイトに掲載するので言えず、載せようとしたら無許可掲載になってしまうためできない?)

1,2どちらかでも、両方でも、ポイントをつけます。どうぞよろしくお願いします。

●質問者: sakuma1
●カテゴリ:就職・転職 ウェブ制作
✍キーワード:WEBデザイナー サイト フリーランス ポイント ポートフォリオ
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● koutarou

(1)ポートフォリオについて

まず、ポートフォリオを提出する際には、以下の2点が必要だと思います。


・ポートフォリオのURLを提出。

・キャプチャーしたインターフェイス・デザインを紙に印字、ファイルにまとめて提出。



次に、ポートフォリオの内容ですが、紙ベースで差がつくと思います。紙のポートフォリオを

作成する場合、キャプチャーしたサイトのインターフェイス・デザインのみを印字(特にトッ

プページ)、する方が少なくない。ここで差がつきます。


そこで、紙のポートフォリオを作成する場合には、以下の点を考慮するといいのではないでしょうか。


・サイトのインターフェイス・デザイン

インターフェイス・デザインをきれいに印字。自信作のみ(他にイラスト等も含める)。


・コンセプトシート

サイトのタイプや目的、要件、業種、ターゲット等を記載。


・仕様書・企画書

サイトの規模、構造が分かるよう工夫されたサイトマップ等を掲載。


・制作環境

制作した環境(Win、Mac)、制作ツール(手打ちも含め)等を掲載。


つまり、サイトのインターフェイス・デザインだけでなく、サイトの目的やターゲット、構造等、

サイトの全体が分かるように工夫されていることが有効だと思います。



(2)ポートフォリオの提出は、フリーのみですか?

フリー以外でも作成します。

前職で制作したサイトの場合には、URLを提出すればよいのではないでしょうか。ただこの場合、どの

フェーズを担当したのか明記する必要があると思います。デザインのみ、HTMLも担当したのか等。


また、自分が公開しているサイトで、前職で制作したサイトを自分のポートフォリオとして、

公開するのは避けたほうがよいのではないかと思います。



(3)Webデザイナーは、ポートフォリオだけで評価されるものではない。

Webデザイナーは、クライアントが求めるもの、目に見えないものを拾い上げ、クライアントと形にしていく

仕事です。人と人のコミュニケーションが円滑にできるかは大切です。そして、クリエイターとデザイナーの

違いを知っているか。この点が、ポートフォリオにも現れると思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ