人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私はサラリーマンです。
最近、仕事を頑張っていましたが、やる気がなくなりました。
理由は以下です。
(1)私が頑張らなくったって会社が潰れることはない
(2)私だけにしかできない超人的な能力(スキル)はない
(3)(2)と関連して、私の仕事はある程度努力すれば、そこそこ出来る人なら代替可能
(4)社会が無理して会社をつくって、無理して仕事をつくって、無理してイノベーションしようとしているような気がしてきた

こんな気持になった方、どうしていますか?
アドバイスください。

●質問者: ey272
●カテゴリ:経済・金融・保険 人生相談
✍キーワード:アドバイス イノベーション サラリーマン スキル 会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● あすか
●20ポイント

社内にカウンセラーがいれば相談を。

いなければ、健保組合を通じてカウンセラーを紹介してもらいましょう。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!


2 ● m1038
●80ポイント

私も以前同じ事を考えた事があります。

でも、その事でかえって気が楽になりました。


同じ疑問からどんな事を考えたかというと、


>(1)私が頑張らなくったって会社が潰れることはない

自分を犠牲にしてまで無理しなくてもよいのです。そこまで頑張らなくても会社は潰れません。

これは怠けることとは違います。

どうにもならないときは会社は別の方法を考えます。


>(2)私だけにしかできない超人的な能力(スキル)はない

そんな特殊な能力(スキル)を持った人なんてめったにいません。

皆似たり寄ったりの中で頑張っているのです。

そんな能力があれば本も出せるし、サラリーマンなんかやってはいけません。

また、会社からすれば仕事に超人的な能力(スキル)が必要では困ります。

効率もコストも下がりません。


>(3)(2)と関連して、私の仕事はある程度努力すれば、そこそこ出来る人なら代替可能

先ほども書きましたが、皆似たり寄ったりなので、努力すればその仕事に参加できると言うことです。

代替可能というのは追い出されるだけじゃありません。外から自分が入っていくこともできるという事です。


>(4)社会が無理して会社をつくって、無理して仕事をつくって、無理してイノベーションしようとしているような気がしてきた

社長はなんとしても利益を出さねばなりません。無理してます。

サラリーマンはその手助けができるだけです。

会社は本人が頑張ってるかどうがよりも、会社を助けてくれる人かどうかを期待しているはずです。


というわけで、(1)?(4)の疑問は間違っていません。

でも、そうだからこそ、自分も働けるんだなと思ってます。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

なるほど、少し元気がでました。


3 ● hanako393
●90ポイント

いろいろ考えずに、破綻しない程度に仕事をして

あとは休むか気晴らしをすべきでしょう。

明らかに仕事中毒です。




>(1)私が頑張らなくったって会社が潰れることはない

そんなの当たり前です。アメリカ大統領が殺されたとしても、アメリカはつぶれませんし

代替は用意されてます。だからといって、アメリカ大統領はがんばって仕事をしてもらわないと困ります。

>(2)私だけにしかできない超人的な能力(スキル)はない

サラリーマンにそんな人はいません。

代替の利かない人は、サラリーマンにとどまりませんし、また会社もそういう人は社員にしません。

>(3)(2)と関連して、私の仕事はある程度努力すれば、そこそこ出来る人なら代替可能

まともな会社はそうなってるんです。

仮に、あなたの周りで、あなたから見て

「超人的な能力をもって、その人がいなくなったら会社がつぶれなくても傾く」と感じる人がいると

しましょう。でも実際に、その人がいなくなっても、平気ですよ。うそではありません。

>(4)社会が無理して会社をつくって、無理して仕事をつくって、無理してイノベーションしようとしているような

社会が無理して会社を作ってるのでなくて、

資本主義ですから、資本者階級が会社を作って、無理にがんばらせるようなモチベーションを与えて働かせてるだけです。

そして、上前をはねて、金儲けをしてるんです。そんな体制を維持するには、高々労働者階級の人間の一人や二人に依存した

体質では危険です。だから仕事は標準化して誰でもできるようにしてるんです。でも、誰でもできるようになってながら

競争させないと駄目ですから、そういうことに気づかせないようにして、働かすのです。


そもそも仕事をがんばらないといけない理由はどこにあるのでしょうか?

サラリーマンをやめることができないのなら、サラリーマンの自覚をもって

ほどほどの状態に満足して、仕事はほどほどにすることです。

サラリーマンの立場で、仕事と一緒に心中ができるのでしたら、がむしゃらに仕事に励めばよいでしょう。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

いろいろ納得できました。

自分なりの楽しみ方を見つけてみます!


4 ● gtore
●80ポイント

まず、仕事をしなくても生きていける環境があるのなら、問題はありませんね。

そういう環境がないのなら、働く必要があると思います。


たとえ質問者さんが頑張らなくても、会社はつぶれないかもしれません。

ただ、はっきりいって、会社はどうだっていいと思います。

質問者さんがある程度稼げていれば、会社の存続など考えなくていいと思います。


また、一般的な仕事をするのに、「超人的な能力」など必要ないと思います。

特殊な能力があれば、ものすごく稼ぐことができるでしょうが、

そういうことができるのは、ひとにぎりの人たちだけです。


たいていの仕事は、「ある程度努力すれば、そこそこ出来る」ものです。

それをするのが質問者さんであってもかまわないと思います。


果たして、社会は無理をして仕事をつくっているのでしょうか。

そういう会社もあるかもしれませんが、

多くの会社は、従業員の生活を守るために、

会社の経営を日々行っているのではないでしょうか。


すこしでも需要のあるものでなければ、生産して売っていくことはできません。

無理をしてモノやサービスをつくっても、

必要としている人がいなければ、その商売は続かないのです。


さて、やる気はどうすれば、取り戻すことができるでしょうか。

人は、なにかの役に立っていると感じたときに、やりがいを覚え、

それが次へのやる気につながると私は思います。

あるいは、こうなりたい、こういうことができるようになりたい、といった思いが、

動機となっている人もいるかと思います。


もし、単純な仕事であっても、そこに小さな面白みや喜びがあれば、

人はそれを続けることができると思います。


自分にとって仕事とは、やる気とは…、と考えることが、まず第一歩ではないでしょうか。

人は生まれながらにして、仕事をしたいなどと思っているわけではありません。

ですから、「私はこういう理由で働くんだ」ということを、まず考え、それを心に留めておくといいでしょう。


「働く理由」に正解などありません。

単純なものでいいと思いますし、屁理屈のようなものでもかまいませんし、

そのときどきで変わってもいいと思います。

ただ、まわりに流されるように、就職活動をし、

特になんの「思い」もないまま入社し、

働いていると、方向を見失ってしまいます。


働くことや生き方について、いろいろな人の意見をきくことや、

いろいろな本を読むことも有効だと思います。


長々と書きましたが、すこしでもヒントとなる部分があれば幸いです。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

丁寧にご説明いただき感謝しております。

別なやりがいを探してみます


5 ● サディア・ラボン
●20ポイント

ぼく自身は、会社では、

言われた事を、あまり考えずに、

出来る事をしているだけです。

昨日は、ぼく一人だけ力仕事が出来なくてちょっと凹みましたが、

持久力は、人よりあるつもりです。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます

参考にします


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ