人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ヤフーオークションにてジャニーズカウントダウンチケットを落札しました。
3万円ほどです。発送日付を見間違い、間に合わないのでキャンセルすることになりました。
相手の方は次点落札者と29,500円で取引をしています。
相手からは損害賠償として5千円を要求されています。
払わないなら裁判をすると・・・当方が悪いのは重々承知しております。
電話にて謝罪もしました。
私は5千円を支払うべきでしょうか?
払わずに裁判をされた場合どうなるでしょうか?

●質問者: hogehoho
●カテゴリ:インターネット 経済・金融・保険
✍キーワード:キャンセル ジャニーズカウントダウン チケット ヤフーオークション 損害賠償
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

1 ● apple_pie
●14ポイント

5千円を払う必要はありません。

払うとしたら、

「自分が落札した金額ー次点の人と取引した金額」

プラスお詫びに100?200円程度でしょうか?

もし、裁判になって、相手が勝訴しても

「自分が落札した金額ー次点の人と取引した金額」

しか認められないので、そんな馬鹿な裁判は

しないでしょう。

この件についてヤフーにも相談してみれば良いでしょう。

「5千円も請求するような行為を認めているのか?」とね。

◎質問者からの返答

裁判した場合は相手の弁護士費用などすべてを払ってもらうことになります。←のようにいわれました。もしそうなると、何万円も払うことになりますか?


2 ● わやあた
●14ポイント

裁判したら手間も費用もかかるので、多分脅しだと思うのですが。。

高額に跳ね上がっているのでキャンセルしても次期落札者がいるなら問題ないと思いますし。。

◎質問者からの返答

仮に本当に裁判された場合は相手の指定する裁判所まで出向くのであれば、それだけでもかなりの出費になります。裁判を起こすことは可能でしょうか?


3 ● seble
●14ポイント

通常の損害賠償裁判で弁護士費用を請求する事はできません。

請求できるのは、

実際の損害額

ここでは次点との差額とそれに伴う通信費(ネットのですね)

それに伴う若干の人件費ももしかしたら可能かもしれません。

加えて慰謝料、通常は実損額と同程度。

それだけです。

弁護士に依頼するのは当人の勝手であり、本人訴訟すれば良いだけの事ですから通常は認められません。

(ケースバイケースで認められる場合もある)

いずれにしろ、次点もあれば再出品もあれば、ダフ行為自体違法なので損害賠償請求が認められるとは思えないし、認められても数千円程度でしょう。

弁護士費用も賄えないので、合法的な訴訟になる事はまず無いと思って良いです。

発送日付にも疑問があります。

そもそも間に合わない日付で出品するのは問題でしょう。

民法-誠実義務違反。

もっとも、ウイルスメールを送り付けてくるとか、アダルトサイトに登録しまくるとか、嫌がらせはあるかもしれません。

(普通の取引ではメルアドが知られる事はないですけどね)

普通は単なる脅しでしかないので、

「ごめんなさい、そんな要求には応じられません」

で、あとは放置でよろしいかと、、

出品者としてはキャンセルは腹立たしいですが、そんな事はしょっちゅうある事なので仕方ありません。

そもそも、チケットの転売自体も禁じられているので、あくまで個人売買しか認められていません。

あまりしつこいなら、ダフ行為として警察へ告訴も可能でしょう。

(警察が受け付けてくれるかどうかは別)

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20100309-6041...

http://www.hou-nattoku.com/consult/32.php

◎質問者からの返答

仮に本当に裁判された場合は相手側の管轄の裁判所まで行かなくてはならないでしょうか?

裁判所の変更が認められなかった場合は本当に東京まで行く必要があるのでしょうか?

なんかそこまでやりそうな相手なので・・・


4 ● inthegroove
●14ポイント

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1566436.html

似たような質問が別サイトでありました。

基本的にオークションではキャンセルを認めていないようです。

しかしこの場合は次点者がいて、取引もされていますからねぇ・・・


こちらに逆の立場の質問もありました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411785...

ここには・・・

>少額訴訟の場合、相手から取れるのは商品代金及び送料、もしくは被害にあった実害額のみです。

>ようするに「裁判に必要な費用(弁護士費用や印紙代)」や交通費は『出ません』。

とありますので、仮に訴えられたとしても差額分程度でしょう。

また、裁判所は申し出があれば変更できる旨も回答の中にありましたよ。


個人的な意見としては、次点者がいて取引がされているなら無視します。一応謝って誠意も見せていますし。


5 ● あすか
●14ポイント

「3万円ほど」という表現が曖昧ですね。

出品者は少なくとも500円以上の金銭的損害を受けているので、 少額訴訟という形で裁判が成立する可能性は高いです。


その場合、

出品者の損害額+申し立て手数料1000円+郵券代3910円

が損害賠償額になります。

したがって、5千円以上は請求されるわけです。

そして、貴方の側に非があるので、その全額を払わなければならないでしょう。


それを考えると、実際に出品者が被った金銭的損失を多少上回る金額で示談に応じてくれるよう、出品者を説得するのが得策かと存じます。

◎質問者からの返答

ジャスト3万円です。

それでは差額の500円と手間賃として千円振り込もうと思います。

しかし、それでも足りない!!として裁判を起こすことは可能ですか?

そして本当に相手側管轄の裁判所に出向かなければならないのでしょうか?


1-5件表示/14件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ