人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

2009年末から2010年の春頃、本屋の科学コーナーで見かけた「ミクロから宇宙まで、速度や長さ、距離をページであらわした」ぶ厚いピンクの表紙の本(箱入り。装丁はソフトカバー。価格は2000?3000円ぐらい?)が忘れられません。タイトル、出版社、著者名、不明です。ご存じの方、教えてください。

●質問者: yumeo_f
●カテゴリ:科学・統計資料 書籍・音楽・映画
✍キーワード:2009年 2010年 ソフトカバー タイトル ピンク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● noracat
●10ポイント

「身近な単位がわかる絵事典」でしょうか?

身近な単位がわかる絵事典―観察・調べ学習にやくだつ あなたも単位博士になれる!

身近な単位がわかる絵事典―観察・調べ学習にやくだつ あなたも単位博士になれる!

  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • メディア: 大型本

http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-68349-2&PHP...

では

著者 村越正則監修

主な著作 『もののかぞえ方絵事典』(PHP研究所)

税込価格 2,940円(本体価格2,800円)

内容 長さの単位から環境をはかる単位まで、単位のすべてをイラストでわかりやすく解説した、単位のことならなんでもわかる絵事典です。

となっていますが、改訂版が出ているようです。

◎質問者からの返答

回答ありがとございます。そうですね。本の条件が質問に合致してますね。でも、違います。1ページ目が「0ゼロ」だとして、ページを追うごとに定規の目盛りのような線が引いてあり、大気圏、静止衛星軌道、月の軌道、火星の軌道…冥王星、太陽系といった風に地球を中心とした距離が示されていたのでした。本の最後は最も遠い天体となります。


2 ● otenki8
●100ポイント ベストアンサー

1000億分の1の太陽系 +400万分の1の光速

http://www.junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=0110715985

松田 行正 編

ヤーン・フォルネル 訳

出版社牛若丸

3,360円(3,200円+税)

こちらでいかがしょうか?

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。まさにこれです!出版社も聞いたことがなかったので頭に残らなかったのでした。よくぞ、見つけてくださいました!ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ