人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ソフトバンクが「光の道」構想でA案とB案を提案しています。
ホームページを見る限り、税負担がゼロ、料金が安い、エリアは全国、時期も早いB案がいいと思うのですが、そこで疑問が出てきます。

1.工事費などの負担はどこがし、それはきちんとまかなえるのでしょうか?
2.料金設定がA案に比べ4000円も安いですが、この価格で維持していけるのでしょうか?その根拠はなんでしょうか?
3.エリアが全国とありますが、人が住む場所はどこでも加入できるようになるのでしょうか?
4.時期がA案と比べ9年も早いのですが、なぜこんなに違いがあるのでしょうか?

5.そもそもB案は実現できるのでしょうか?
6.ソフトバンクがCMをだしてまで光の道にこだわる理由はなんでしょうか?

A案、B案を比べるとB案がいいのは明らかなのですが、B案があまりにも勝りすぎているので疑問に思ったのです。


●質問者: hikarinomichi
●カテゴリ:インターネット 政治・社会
✍キーワード:A案 Cm 「光の道」構想 エリア ゼロ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

[1]まあ、しょせんソフトバンクのやることですから?? tyousann

ADSLの時も、固定電話の時も相当やばい状況で会社の連絡先を隠しながら商売してました。

とりあえずぶち上げて、関心引いちゃおうということでしょう。

http://www.softbank.co.jp/hikarijp/


[2]6は明らか SALINGER

先にやったもん勝ちで主導権をとりたいからです。

人気のキャラクターを使ってCMをしたのは、話題を作り国民の支持を受けたいからです。

でも、携帯の新しいサービスのCMとしか思ってない人がたぶん多いので思惑通りにはいってないようです。


[3]A案B案という言い方がミスリードですね Sampo

2案が対立していると言うよりは、NTTとソフトバンクの見積もりの違いなんですよ。ソフトバンクの見積もりの方が圧倒的に甘い。とはいえ、素人である一般人にどちらがいいかと問いかけても無意味です。見積もりの妥当性なんか私達は判断できませんから。

ソフトバンクがこれを推進したがる理由として、よく言われるのは「スマートフォンの通信料に対応した通信インフラを手に入れたがっているのだ」ですが、「早くADSLインフラを捨てたがっているのだ」という分析もありますね。


[4]B案はラストワンマイル無視してると思います。だからB’案に pascal7

なるのじゃないかと思います。

つまり、すべての家に光ケーブルを引き込めないので

幹線からの引き込みに電話線を残すか。

WiMax2にするかを選ぶ必要があると思います。

XGPにしてくれと言って、そこでもお金をもうけるつもりかも知れませんが。


?.ケーブル会社などでまかなえるといっているのでしょう。

問題が生じて税金を投入することになるかも?


?.量産効果の類のことを考えたらいいと思います。

百貨店で、高いけど安心を買うか。

100円ショップで、リスクを覚悟で安さを選ぶかでしょう。


?.サイトのムービーには、田舎にも全部引くと言ってました。

無駄な気がしますが。メタル系の設備を破棄するためには必要なのじゃないかなと思います。


?.必要がない人も必要な人も同時に光に(急速に)するため

個別に工事をするより工事費が安くつくと言ってますよ。


?.そのままB案は無理じゃないかなと思います。

いろんな問題がやりながら判明して、問題を解決するためお金がかかり。

B'になるのでは?


?.高速インターネットに支えられて初めて売れる。

Apple TVのような商品を売りたい。

今はNTT東西から光ケーブルを借りているが。

アクセス回線会社をNTT東西を分割して、NTT東西と対等の地位になりたい。


他にNGNというのも控えてますよ。

>Next Generation Network(NGN、次世代ネットワーク または 次世代網)とは、

>FMC と呼ばれる固定・移動体通信を統合し、トリプルプレイ(Triple Play)と呼ばれる、

>電話・データ通信・ストリーミング放送が融合したマルチメディアサービスを実現する、

>インターネットプロトコル技術を利用する次世代電話網である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Next_Generation_Network


いずれにしてもメタルの旧固定電話網は、老朽化していて新しいメタル電話網の施設の

開発もとまっているのだと聞いたと思います。

どれだけ急いでメタル網を捨てるか次世代電話網をどうするかという

計画に違いはありますが。

IP通信ベースのネットワークに変えていくしか道がないという話だと思います。


>ラストワンマイル

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A...


[5]興味深い意見の方が some1

>光の道、その誤謬と、必死なのはなぜの話

http://wnyan.jp/185


1.回線業者と税金

2.ソフトバンクの皮算用

3.そのつもりのようですね

4.工期を机上の空論で立てたから

5.とてもではないが実際にはムリ。毎度の唯我独”孫”的な「やりましょう」ですね

6.自社のADSLをやめたいから


[6]>4 光の道構想自体が seble

間違っていると思いますね。

全世帯へブロードバンドを普及させるという前提は良いと思いますが、それが即、光回線へ行ってしまうのがおかしいと思います。NTTにいくらもらってるんだ?という感じですね。

将来的には光も良いと思いますが、現状のコストレベルを考えるとナンセンスに思います。

ラストワンマイル(500mぐらいの方が良い気もするけど、)は固定化せず、地域の状況などに応じて柔軟なシステムを取るべきだと思います。

無線でも良いし、電話回線だって配線が単純な2線だから不安定なのであって、細い同軸線にすればcatv程とは行かなくとも、現状では十分な、かつ安定した通信が行えます。

(遠隔医療とか回線だけあればできるもんでもないし、、)

電話網も基幹回線はほとんど光になっていますし、ここもラストワンマイルだけの問題です。

配線が老巧化しているならなおさら、、補修ついでに徐々に更新していけば良いのです。

全世帯までには期間はかかりますが何と言っても低コストでしょう。

その間に、技術進歩によって光より良い回線が開発される可能性も高いです。

これだけ税収不足とか騒いでいる割には無駄遣いする事ばかり考えて、、、

(やっぱりNTTに、、w)

とにかく、デジ物に高額(数兆円)の固定費を投入するのは間違いです。


[7]ならば、ソフトバンクさんでやってください。 AHAHA

「もしNTTがやらないなら、誰もやらないなら、私たちソフトバンクも会社の経営に参画し、実現する自信と覚悟があります。」

(参照:http://www.softbank.co.jp/hikarijp/)

ソフトバンクさん、御社だけでやってください。

NTTをつぶすことが目的の孫さん、でも、ADSLでシェアートップになったときの対応は

NTT以上の傲慢な対応・施策をとっていたと思います。

結局、自分の利益のためにがんばっているんでしょうが、

国民のためなどとは、白々しい。

辺地ほど、光の恩恵があるはずです。

(ADSLは局との路線距離によって大きな影響があるからです。)

それより、そのうち、衛星通信で全部できるようになるんじゃないの。


[8]>7 WINDSと聞いて! kyokusen

それはさておき、なんと言うか。

孫さんはいつから政商になっちゃったんでしょうなぁ。

工事費は確か、NTTから分離した回線会社がファンドから借り入れるってことだったと思います。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1112

ここ読むと大体状況が見えるんではないかと。

きずなが商用化されればなぁ、と思うばかり。


[9]>6 中間ステップを置くのですか? pascal7

それはそれでお金の無駄だと思います。

将来光回線になるのならエイやで変えるか。

変更の時期を先にして、エイやと変える方が良いと思います。

TV(携帯)の問題もすべての人に必要ではないので、強引に周波数再編をします。

米国はすでに強引に変えました。

光回線もやはり乗り越えなくてはいけない壁ではないですか?

光の道が出来れば派生した産業が発生しますしね。

先に延ばすと遅れた日本への道を選んでいることになると思います。

結局乗り越えなくてはいけないのなら光の道に行く方が中間の方式のための投資を節約できるでしょう。


[10]>9 将来の光は seble

現在の物と全く別レベルになるでしょう。

今のファイバーが使えるような状況ではなく、全く異なるシステムです。

従って、今敷設している光ファイバーは数十年程度で時代遅れになるだろうと思うのです。

また、現在でも全ての世帯が光を必要とはしていません。

現在、NTTが従量制というような方向を出しているようですが、従量制で安くすむ程度の使い方ならadslでも無線でも十分まかなえます。

そういった個々の家庭へまで物理的な工事をしてファイバーを引いていくのは無駄だろうと思います。

基幹回線ではなく、1戸1戸、全ての家庭へ個別に線を引いていこうというのですから、一斉にやる必要性はありません。

メタル線はすでにあります。無線なら基地局の整備だけで、既存の携帯や地デジや電柱などをうまく活用すれば最小限の投資で済みます。

TVとも、水道とも違うのです。


[11]>10 将来異なるシステムになる可能性はあると思います。 pascal7

でも、韓国に負けちゃいますよ。

次のシステムが開発されるまでには十年ぐらいはかかる

でしょう。それでは韓国に負けちゃいますよ。

私個人としては韓国に負けても平気ですが。

国策としては、韓国に負ける政策ではだめでしょう。


A案でも韓国より劣った日本になるでしょう。

韓国は国策でブロードバンド化を行ってますから。

米国より、日本のほうが狭い分、ネットワークインフラは

作りやすいです。韓国は日本より狭いので、より有利な

立場にあります。


米国も日本を打ち負かしてやろうと、一生懸命でやってます。

無理して、先にTVをデジタル化したのも日本を打ち

負かしたいと思っているからだと思います。

のんびりはできないと思いますが。


多くの人が高速インターネットを必要としてないと

言うのはその通りだとおもいます。

しかし、多くのかたに犠牲をしいりますが。

高速インターネットを実現するのは、技術大国日本を

維持するために必要だと思います。

開始をもう少し先にしようと言うのはありだと思いますが。

のんびりすると後進国になってしまいます。


また高速インターネットは、環境であり、産業にとって

水道だと思います。


>韓国政府は放送通信ネットワーク中長期計画として2013年

>までの5年間で34兆1000億ウォン(約2兆3000億円)を投資

>して、今より10倍早い有線1Gbps、無線100MbpsのALL-IP

>基盤超広帯域融合ネットワーク

>(UBcN : Ultra Broadband convergence Network)を

>構築すると発表した。

>2009年2月19日 page:1/3

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20090219/1012407/


[12]衛星の高速インターネットはすぐには無理と思います。 pascal7

私には現在実験中で、実用化にはまだ時間がかかるように思えましたが。

あと何年で実用化するかが問題だと思います。

有線ネットはすでに実用化してますし。

1GのNETも実際に使われてますから。

また4.5cmにしてもパラボラをあげれない人もいると思います。

すべての人を救えませんよね。

有線なら1Gは実現してますが。

5Mのアンテナを上げれる人は少ないと思います。


有線のNETの方が現実的ではないですか?


>将来の情報ネットワークの更なる高速・大容量化を想定し、一般家庭でも

>超小型アンテナ(CS受信アンテナとほぼ同じ直径45センチ程度)を設置する

>ことにより、最大155Mbpsの受信及び6Mbpsの送信を、また企業等においては

>直径5メートル級のアンテナを設置することにより最大1.2Gbpsの超高速双方向

>通信の達成を目的としています。

http://www.jaxa.jp/projects/sat/winds/


[13]>11 韓国は・・ seble

どうでもいいや、、w

そのうち将軍様が攻めてくるからネットどこじゃなくなるって、、ww

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ