人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

異議申し立てを専門家に依頼する場合。

やってみないとわからない案件で、最初に固定金額を支払う場合と、同じくやってみないとわからないので着手金はなしで成功報酬のみの支払いの場合、皆さんでしたらどちらで契約なさいますか?またどちらのほうが信頼できますか?

●質問者: norako19
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:契約 専門家 成功報酬 最初 案件
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

[1]依頼主の信頼も問われる。 kou-tarou

本来ならば、「着手金あり」で、案件を見切って対応してもらいたい。

「やってみないとわからない案件」は、例外的なケースだと思います。


経験豊かな専門家の場合は、リスクは少なくなるでしょう。

しかし、そういう人でもこうしたレアなケースはあるでしょう。


これは、「着手金をとる専門家」「着手金をとらない専門家」、いずれが信頼できるか?とともに、

依頼主の信頼も問われる。ということだと思います。


つまり、「やってみないとわからない案件」の場合は、専門家、依頼主、両者共に

リスクが大きいということです。


私は「やってみないとわからない案件」という事情を十分に理解して依頼する以上、

着手金を払って契約します。


但し、誰もが信頼し認める、プロフェッショナルのみです。


*着手金あり(最初に固定金額を支払う場合)

依頼主のリスク

・手抜きが発生する。

・追加請求される。

・途中で放棄。

専門家のリスク

・報酬をもらっているため、途中で投げ出せない。

・追加請求できない場合もある。

・成功しなかったとき信頼を失う。


*着手金なし(成功報酬のみの支払いの場合)

依頼主のリスク

・請求金額が多額になる可能性がある。

・専門家の都合が優先(意見、時間、打合せ等)。

・成功が難しいと分かったとき、途中で放棄。

専門家のリスク

・気が変わり途中で投げ出す。

・支払いに応じない。

・失敗したとき報酬なし。


[2]>1 すごく参考になりました。 norako19

すごく参考になりました。お忙しい中ご丁寧なご回答をいただき、感謝いたします。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ