人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

世の中の一歩先、流れを見るのにどのようにされてますか。
皆様のご意見お聞かせ下さい。

ー今私がやっている事ー

自分に与える影響力というポイントで新聞などを読んでいます。

例えば、自分が一般公道を車で走っているイメージで、道路の法定速度(=自分が変化を受け入れる基準)を時速50kmと設定して自分の中でランク分けします。

Aの記事は40kmくらいだな → 今のところ無視
Bの記事は80kmくらいだろう → 念のためチェック 心にとどめておく
Cの記事は200km 大きい変化だ → 調べてみる

この視点ですと

Cの変化に気づき、対処法、将来の予測を考えても、一部分の変化を読んだことにしかならず、大まかな世の中の流れを読むという事が出来てません。
また、記事Aが実は時速150kmくらいの変化であったりと、真実は自分の評価と逆のこともあります。

皆さんはどこから変化を捉えて、どのような視点で世の中を見ていますか。

●質問者: sitepartylight
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:イメージ ポイント ランク 予測 公道
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●23ポイント

歴史は繰り返すといわれているので、現在に注目するのではなく逆に、過去の色々な国の歴史の流れを勉強して、今の状況が、過去のどの状況に似ているのか、今後どのようになるのかを予測したりしています。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。


2 ● isamu_mitarai
●23ポイント

疑問に思ったことは自分の頭で徹底的に考える、調べる

新聞報道でも、"イメージ"で報道しているな、などと思ったら自分で徹底的に

調べたり、考えたりします。全ての事に裏付けを取るのは不可能ですが、自分で新聞を読んで

いたりテレビ報道を見ている時に「ん?」と気づく事があります。それをそのままにせずに、

できるだけはやく掘り下げてみることです。


本を読んだりといったイップットだけでなくアウトプットを大事にする。

アウトプットするなかで理解が深まったり、新しい事に気づいたりします。


また、世の中の将来を読むというなら、歴史を学ぶのも一つではないでしょうか。

ここでいう歴史は、受験勉強の多くを占める単語・年代の暗記ではありません。

歴史好きの方には、ある歴史人物のファンになり、その人を調べ回ます人が多いですが

そのようなものでもありません。

時代時代の政治、経済、思想などの社会構造とその後の変遷、推移を学ぶことです。

これにより、現在から将来どのようになっていくか予測する能力や視点が養われるのではないでしょうか。もちろん現在の状況と歴史で学ぶ状況とは、時代や場所など、違いが多く

過去のある状況をモデルとしてそのまま当てはめる事はできません。しかし、部分的であれ

現在から将来を予測するモデルとして歴史に学ぶ事はたくさんあると思います。

例を挙げると、既得権益層が自分の権益を犯された時にどのように対処していくか、といった事などは歴史を学ぶと、今とそう変わらないと感じると思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。


3 ● 勇者よっしー
●22ポイント

ITの技術系ニュースを読み、OSとかツールを実際に触ってみます。

技術が出来る、その後にサービスが出来る。逆に言えば、先端技術を知っていればサービスが読める(場合もある)という事です。

技術なしでは、枯れた技術の再利用のサービス以外は読めません。

また、技術を実際に使う事で、使いやすさ、便利ではない部分などが判るので、実際に流行しそうかどうかが判るでしょう。

---

あとは、技術者の人と話すというのもありです。

技術者と言っても、実際には技術をしていない人、例えば大企業の部長クラスの人とかです。

お昼を一緒にした時に最新技術を使ったプロジェクトの動きなどを教えてくれる事もあります。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。


4 ● fut573
●22ポイント
  1. 基本的には一定以上の質の情報を大量に集めること
  2. 過去のデータと比較すること

を重視しています。

新聞記事は一部の特集を除き、紙面的な事情で情報量が不足しがちなので、あれこれ関連情報を探します。

最低でも記事中の気になる固有名詞の

の最新検索結果各十件をチェックします。

(自作のPHPスクリプトとブックマークレットの連動で上記検索結果を一覧したページが1動作で開けるようになっています)


記事中使われている数字については、統計的に意味があるのか、ソースは信頼に値するかを考慮します。

表が出てきたら、めんどくさがらずになるべくグラフ化します(直観的に理解することが大切)

その上で興味深い発見があった時にはブログ記事にまとめます。


そうしているうちに自分なりに判断材料が集まったと思える状態になるので、そこで判断を下します。


新聞以外については、過去に話題になったニュースの後日談は興味深い情報が出てくることも多く、時々チェックします。

検索エンジンから自分のウェブサイトへやってきた検索ワードをデータベースに入れ、一定期間ごとにランダムでポップアップさせています。(クリックすると上記PHPを使って最新情報を入手できる)

自分一人の興味関心の範囲などたかが知れているので、何かの分野で精力的に情報収集をしている方のソーシャルブックマークやtwitterをチェックします。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ