人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

経営者が大リスクをとる気は無い。という場合、成長しない原因がここにある場合、現実的な手段を教えて下さい。

●質問者: surippa20
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:リスク 現実 経営者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● Galapagos
●18ポイント

ご質問の日本語の句読点の位置から意味がくみ取りにくいのですが、

経営者が大リスクを取らない限り成長しない場面において、

成長を探る現実的な手段を知りたい

という意味でしょうか?


大リスクは、現状の事業分野におけるものでしょうから、以下のような手段が考えられます。


  1. 他の事業分野(比較的リスクの低い分野)へ進出する。
  2. リストラを行う。

2 ● tama213
●17ポイント

経営者を代える

経営者の考え方をかえる

無理なら、

大リスクを小さいリスクに感じられるような資料を作成して洗脳する

経営者で、大リスクをとる人なんていないです。

周りは大リスクだと感じていても、勝算があったり、リスクヘッジをしてあったり

するのです。

成長しない原因が、大リスクをとらないことでなくて、チャレンジしないあるのなら

そのとおりでしょう。

会社の平均寿命は30年程度です。

で、チャレンジしない会社は、10年程度が寿命です。


3 ● tak
●17ポイント

日本的集団浅慮の研究・要約版

さて,事例を検討した結果,リスキー・シフトになっているものと,コーシャス・シフト(安全主義的な決定に移行する現象)になっているものに分かれた。

たとえば,金融業界の三社は,後者の例にあたる。いずれも,「神風的な景気の回復する」「大蔵省が必ず助けてくれる」等を信じて,根本的な問題解決を「先延ばし」してしまった。この「先延ばし」という心理的現象は,リスキー・シフトの実験で使われる,重大な病気を追った患者が,失敗したら死ぬ恐れもある大手術を行うかどうかという選択肢に重なり合う(事実,長銀の関係者は,この大手術という比喩を用いている)。言うまでもなく,より少ない成功可能性でも手術を行うという回答にシフトするのがリスキー・シフトであり,逆はコーシャス・シフトである。




悪いもの




したがって,これからの企業は,業績の測定を単純な規模(シェア)拡大に求めず,ROE(ReturnOnEquity)やEVA(EconomicValueAded)などの指標を重要視し,より効率性ないし効果を発揮する洗練されたマネジメント手法を用いるべきだろう。


4 ● SweetSmile1978
●17ポイント

経営者がもともと会社を成長させる気がなく、

それに納得ができないのであれば転職を考えるべきでしょうか。

経営者としても会社を成長させたいが

大きなリスクをとりたくないという場合はどうですかね。

質問者の状況がわからないので難しいですが、

・そのリスクを取るだけの価値があることを示す。

・リスクが可能な限り小さくなるよう努力する。

・リスクとリターンのなバランスも考え、経営者と妥協できるラインを考える。

でしょうか。

リスクを取らないことが成長しない原因だと言うことは簡単ですが、

やはりリスクに見合うだけのリターンがないと動きづらいですね。

失敗したときにカバーできるかどうかを考えないと

会社倒産ということにもなりますからね。

リスクを取ったからといって会社が成長するとは限らない

ということも押さえておくべきでしょうか。


5 ● k-tan2
●17ポイント

リスクをとらないことのリスクを説明するか

そういう経営者向けの本を与えて勉強してもらってはどうでしょう?

あなたが経営者に関与できないのなら、

早く見切りをつけたほうがよいでしょう。

経営者は頑固な人が多いですから

理念とかそういうものはかわりません。

強い企業のリスクマネジメント
アクセンチュアリスクマネジメントグループ
4492532579


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ