人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Wikipediaに写真を掲載する場合、Wikimediaからの出展が多いようですが、
少し疑問があります。車などの画像の場合、一般の駐車場などで撮影したものを
ナンバープレートなどをぼかし処理し自分の画像として公開するのは法的には問題ないのでしょうか。例えば車の持ち主に許可を取らなくても良いのでしょうか。
列車などの場合、いわゆる鉄ちゃんたちが写真を撮ったりしていますが、個人所有の車の場合、正式にはどのような手続きが必要なのでしょうか。(または不要なのでしょうか)
勝手に自分の車の写真を撮られたくないという方もいるような気がし、疑問です。
よろしくお願い致します。

●質問者: tacoru
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:Wikimedia Wikipedia ナンバープレート 列車 勝手
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 松永英明@ことのは
●60ポイント ベストアンサー

人間には肖像権がありますが、電車や車や家には肖像権はありません。

少なくとも、ごく普通の状態で見られるものについて、その撮影を禁ずる法律はありません。

もちろん、それにより個人情報が特定される場合には個人情報保護法が絡む可能性もありますが、世の中に存在しているものを撮影することには何の制約もありません。

たとえば建物の場合、ブランド名等を除いて写真撮影は認められています。

http://allabout.co.jp/gm/gc/54179/

もちろん、車に描いた絵には著作権が発生するという考え方はあります。しかし、アニメや漫画の絵をそのまま描いているのであればすでに著作権侵害の可能性もあります。また、オリジナルのデザインの場合、そのデザインそのものに著作権が発生するとしても、それを撮影して掲載することには問題はありません。

渋谷駅に岡本太郎の巨大な絵が飾られていますが、それを風景として写真に撮ってブログに載せても、岡本太郎氏の著作権を侵害したということにはなりません。本のカバーデザインにはすべて著作権がありますが、本が並ぶ書店の写真を撮っても著作権侵害とはなりません。

勝手に撮られたくないなら、撮らないでほしいと明記しておくべきでしょう。

◎質問者からの返答

例えば駐車場(公共)で撮影した場合、駐車場の目的外利用等で不法侵入のような別の法律に抵触する恐れはないのでしょうか。鉄ちゃんが撮影した画像なども、路線区域に侵入していたりしたら映像そのものの権利は問題なくても、それ以外の法的理由によりその映像は不法というようなことになりますでしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ