人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

現在32歳の独女です。今の仕事を定年まで続けるつもりです。
結婚を前提として、あなたならどちらの男性を選ぶか、その根拠を教えてください。
思いもよらなかったような目から鱗な根拠を述べてくださった方には別途ポイントをお送りします。
以下ツリーにて続きます。

●質問者: threecloudjp
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:あなた ポイント 現在 男性 結婚
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

[1]二人の特徴 threecloudjp

Aさん

気が合う。一緒にいてかなり居心地がいい。仕事はサービス業、お勤めの会社はけっこう斜陽。

収入は400万強。お金にあまり執着しない。一緒にいると、まるで学生に戻ったように無邪気に楽しめる。でも将来は?と考えるとちと不安がよぎらなくもない。

Bさん

落ち着いた物腰で、誰の話にも真摯に耳を傾けられる。実はお医者さん。モテそうなのになぜか女性の影がない。かといって女性に関心がないわけではない。尊敬できる立派な人、でもこんなにできた人にパートナーがいないというのは一体なぜ…?


[2]>1 現状 threecloudjp

Bさんのような人のそばで、よい刺激を受けながら自分も相手の成長に何かしら寄与できるような関係が築けたらどんなにいいかと思うのですが、長い結婚生活、Aさんのように肩肘張らずに気楽に付き合える人間じゃないときついよ、というような話も聞きます。


年齢はどちらも30代後半で、外見もちょうど似た感じの方たちなので省きます。

また、どちらが自分をより大事にしてくれるのかはわかりませんが、これまでの感じからすると、どちらの方も、まあ常識的な範囲でまともに扱ってくれそうではあります。

なお、婚活ブームに批判的な方もおられると思いますが、できれば切り離してお読みいただけると助かります。

なんとなく今日までちょっとした縁が続いている人たちとの関係に気持ちの上で整理をつけるべき時期が来ているのを感じる出来事がいくつかあり、それで質問しています。


[3]相手の意向が優先とはおもいますが NAPORIN

AさんBさんとも一緒に暮らしていけそうな気がしているのですが、お相手もそう感じていそうだという前提で答えさせていただきますと、育てて楽しい旦那さんはAさんかなと。

Aさんの場合、結婚するときに、「次の仕事を決めるまえに自己都合で辞めてくることだけはしない(会社都合でもない無職期間をつくらない)」という約束をしておくのがよさそうです。

転職はやむを得ないとしても、堅い職業の奥さんのほうに子供ができたとき、「産休とるなら俺がそだてるからいいよ、辞めてきた」と無職期間を気軽につくっちゃいそうなのが不安です(個人的な経験ですが、子育てはやはりよっぽどでないかぎり女性がやったほうが二度手間にならず合理的、もっというと働いている人こそ母乳で育てるのがのちのち楽そうだと思うのです。)。

Bさんは社会貢献するお仕事で、そのBさんに家庭という形で貢献する役目になる(つまり専業主婦になる)ことが視野に入ってきますね。相手の成長に寄与したいとありましたが、わたしの知る限り、医者、特に勤務医は職場でも家でもあきずに自分でひたすら勉強しつづける人が多いです。特に勤務医はお給料が少なく夜勤は多い。クリスマスともなれば器用に得意のローストチキンをダッチオーブンで作りたがっても、オンコールで途中で居なくなったり、普段は疲れていてなにもしないとか。なので、向こうにずばり聞いてみましょう。しばらく大病院の勤務医で勉強したいから、さばさば家事と家賃を分担しあう関係がいいのか、それとも早めに開業するから上品な奥様になりつつ早めに子供を産んであとは有閑マダムとして自分の趣味を確保してほしいとおもってるのか。

きっと普段からお相手もそういう、望むキャリアのヒントになる情報をぽつぽつ漏らしているのではないでしょうか。よく意図を読み取って、がんばってください。


[4]仕事か子どもか typista

質問文から仕事を、続けたいという点に

ウェイトが高いなら、Aさんかと。

共働きがやや前提になると思うのです。

わかりやすいですが医者の

Bさんなら、働く必然性が薄まります。

質問要素に出てこない、出産/育児も

人並み(以上なのかな?)にというなら、

経済力のあるBさんを選ぶほうが良いかと。


※個人的には長い人生考え方なんか変わって当然なので

働くかどうかをご自身の意志で選べるBさんのほうが良いのでは?と既婚者としては思います。なんだかんだいっても経済力は大切です。


目から鱗になるかわかりませんが、

出産/育児も前提なら

本能で、51%でもどちらの男性との子どもが

欲しいのかとか、それぞれの家族構成やご両親との

相性、同居の可能性、交友関係やあなた自身の

友人との相性なんかを考えてみるのも

決して打算的なだけではないと思います。


[5]>4 子どもはできれば産みたくない threecloudjp

すみません、大事な要素なのですが、書くと話がそれそうな気がして書かずにいました。

子どもは、もちろん相手になる人の同意の上ですが今はつくらないつもりでいます。が、どちらの子どもを産みたいかと仮に考えてみるなら迷わずBさんですね…。

双方のご両親にはお会いしたことがありませんが、友人関係がお互いにうまくいきそうなのはAさんだろうなあ、という気がします。うーん。そのあたりも大事ですね。


[6]>2 どちらかというとBさんかな nawatobi_penguin

話を聞いていてお二方に気になる点があります。

まず、Aさん

>お金にあまり執着しない。

出世、キャリアアップといった言葉に踊らされない堅実な方にも思えますが、

結婚して(さらに子どもを望むなら)どの位お金が必要か計算したことがあるのかといった現実的な話はしてみたことありますか?

>一緒にいると、まるで学生に戻ったように無邪気に楽しめる。

これは学生時代に知り合った関係の諸刃の剣なのですが、

学生時代は性別に関係なくお互い平等でいられるのですが、

実際働き始めるとそうは中々いかなくて別れてしまう場合があります。

・結婚を前提にした同棲を始めてとして家事および責任はお互いに分担し合えるか?

・お互いの親族付合いをお互いが納得できるようにできるか?

・妊娠・出産・子育ての時をお互いに乗り越えていく気があるか?

(妊娠・出産は病気ではないといわれますがそれで亡くなったり産後病気になる人は

現在でさえいることを認識してない人はいます)

この辺のことってなあなあにされてしまって実際切り盛りするのは女性側で「知り合った時はあんなに楽しかったのにな」って思っている人はいます。

(皮肉なことに男女雇用均等法以降の時代の女性にこうやって後悔する人は多いのです)



Bさんについて

>実はお医者さん

これはいい点も悪い点もあって社会的信用が高いのはいいのですが、

お医者さんでもいろんな診療科目の方がおり、

・緊急で呼び出しかかる系統なのか

・ゆくゆくは開業して(もしくは実家を継ぐ)家族経営したいのか

・開業するけど仲間内集まって開業してほぼサラリーマンの生活と変わらない暮らしぶり

その辺によっては「結婚したら家にいてほしい」「開業医になるので手伝ってほしい」という希望を

持っている可能性があります。

その場合、今の仕事を定年までという質問者様の人生設計は変えざるを得ないかもしれません。

>モテそうなのになぜか女性の影がない。かといって女性に関心がないわけではない。

>尊敬できる立派な人、でもこんなにできた人にパートナーがいないというのは一体なぜ…?

この項についてはあんまり心配することはないと思います。

今は進学校も男女共学が増え、医学部志望女子もかなりいるそうですが、

30代後半だと進学校(中高男子校で6年)、医学部(やはり男子多い環境で6年間)、研修医というのが

想像できます。

すると仕事では女性にあうけど恋愛については奥手なままきてしまったのではと思います。

(いわゆる理系男子ってやつですね)

それとお医者さんはどうしても座学と臨床経験をつまなければいけないので

一人前になるにはどんなに早くとも30を超えた頃です。

早くから結婚を望む方は診療科目は別の医師同士お付き合いして結婚してしまいますが、

そうでもない人はそこそこになったけど、恋愛結婚するには年齢的には遅いみたいだし、

でもかといって周りもそんな感じだしお見合いするのは恥ずかしいな、と悶々としているのでは?



この辺を考えるとAさんは友達としてはいいけど、結婚生活に破たんをきたしかねないが、

Bさんはお付き合いになれていない分、大切にしてくれそうなのでBさんという結論になりました。


[7]>3 今は分業派のようですが threecloudjp

まあ相手あってのことなので、わたしが「こう!」と決めたからそうなるというものではないのですが、あくまで自分の気持ちをまずは整理整頓したいというのが今回の主旨です。

そうなんですよね、医者の妻というのは安定した立場である反面、気苦労が多くて寂しい思いをしがちなように思うのです。知り合いの奥さんたちもなんだか皆そんな感じに見えます。Bさんがパートナーにどんな立ち位置を求めているかというと、ことばの端々から伺えるのはわたしと同じくサバサバ分業派のようですが、やっぱり相手が医者である以上、先々何かあるごとにこちらが合わせていくことになるんでしょうね。うーん。正直あまり想像がつきませんが、できるのだろうか…。


[8]>6 悶々としているのでしょうか threecloudjp

医者と看護師で結婚した夫婦が周囲に何組もいるので、なぜあんなにきれいな看護師さんが周りにたくさんいるのにあの人には浮いた話がないんだろうか…と以前から不思議だったのですが、そういうこともあるのかもしれませんね。

結婚後の家事の分担や家計については、AさんBさんに関係なく男性はよくわからないのが当たり前と踏まえて徹底教育する心構えであります。

その点、教育しがいがあるのは他の方も書いてくださっていますがAさんのほうなんでしょうね…。

Bさんはもうなんと言うか、人として一定のレベルまで出来上がってしまっているので、わたしが付け入る余地があまりないような気もします。

こんなことを延々と書き連ねているわたしが一番悶々としているんじゃないかという話ですが、結局、好きなほうと結婚すればいいじゃん、ということになりそうですね結論は。


[9]>8 Aさん taddy_frog

ぼくは、

Aさんの方が、一緒にいて楽しいと思います。

だけど、

あなた自身が、直感的にいいと思った方を選んでください。

金持ちの旦那さんがいるセレブ妻は、

若い時にスピード結婚した人が多いらしいです。

結婚した後で金持ちになった人もいます。

人間には、相手の将来性も見抜く本能がいくらかありますが、

考えすぎると、その本能が曇ります。


[10]>1 たぶんBさん yukosaitoh

Aさんは、仕事で疲れたな…とか、そういう時一緒にいると安らげると思いますが、結婚して長い人生一緒にいようと思ったときに、物足りなさを感じるようになるような気がします。

32歳独身女性さんは、定年まで仕事をしようと決めているくらいなので、何か仕事に対する目標などがある方ではないかと感じます。

一方Aさんは、そういった向上心などがあるかどうかというと、「特徴」という部分だけを見る限り、感じられません。

もちろん、お金に執着の有無=向上心や仕事に対する目標とは、私は考えていないので、少ない情報から私的見解で人物像を想像しただけなので、誤った見解でしたら、ごめんなさい。。。

一方Bさんは、モテそうなのに、女性の影がないのは、仕事に何か目標を持っていて、それに没頭しているから、何が何でも彼女を作ろうと考えていない可能性もあるし、そういう目標を持った方って、汪汪にして相手の女性にも、何か夢や目標があって、それに対して一生懸命努力している人に興味を持つ傾向にあるように感じます。

(※変な性癖があるとか、実はホモだったとか、変な勘ぐりはこの際全部無視しました。)

32歳独女さんのようなタイプの方と、Bさんなら、お互い自分自身が決めている目標にそれぞれがんばり、それをお互い語り合えるような良いパートナーになれるのではないかな…と思いました。

ただ、結婚して長く一緒にいるためには、フィーリングが合うとかも重要になると思いますし、お互い仕事に対する思いが強い場合、将来仕事の為に片方が別の場所に引っ越しをしなくてはいけないとか、独立するとなったとき、お互いどう譲り合っていくのかとか、問題になりそうですね。でも、そのときやっぱり重要になってくるのが、どれだけ一緒にいたい人なのか=フィーリングが合う等々、ということになってきそうな気がします。

私も33歳独女で仕事を続けたいと思っている一人なので、すごく考えさせられました。


[11]Aさんに専業「主夫」をやってもらうという選択 TomCat

収入の問題も絡みますから、Aさんを選択する場合は共働きが前提、とお考えだと思いますが、今の時代は雇用が不安定ですから、共働きの収入を大前提とした将来設計では、いつ歯車が狂ってくるか分かりません。

だったらいっそのこと、結婚後しばらくは共稼ぎ、しかるべき後にAさんには専業「主夫」となってもらうという将来設計はどうでしょう。

これからの時代は、男もどんどん地域に根ざした暮らし方を目指す時代だと思うんですね。今は自営の商工業者が減り、地域に男手が足りないんです。だから地域活動が衰退してるんですよ。そんな現代にあって、専業「主夫」は、地域活性化の担い手として注目できる存在です。

どうでしょう。そんなふうに話を持ちかけてみたら、Aさんはちょっと瞳を輝かせて聞いてくれるタイプではありませんか? だとしたらこの計画は実現性があります。

男女の機会均等は、雇用だけの問題じゃないんです。男が専業主夫という選択も出来る機会が均等に与えられる。そういう社会が実現してこそ、経済も文化も、中央も地域も、バランス良く発達していける国が作れるんです。

男女共に、働くことで社会に貢献するもよし、家庭を守り地域に根ざした暮らし方をしていくことで社会に貢献するもよし、そのどちらの選択も自由に行える社会。この国の活路は、そういう新たな視点によって開かれていくと、私はそう考えています。

この際、将来的にはAさんに専業「主夫」。女性が男性にそういう将来設計を提示したっていいじゃないですか。何となくですが、Aさんは、そういう将来像に理解を示しそうなタイプのように感じられます。


[12]Aさんをより気に入っているように見えます kaz872a

質問者さんはAさんを先に紹介していますし、Bさんに関しては断る理由に足りないような事しか書いてありません。これだけ好条件の相手(Bさん)に即答できないのは、Aさんの存在がそれだけ大きいことの証です。他のツリーの返信を見ますとお子様に関しては消極的なご様子。また、質問者さんは楽な生活よりも充実した生活、生きがいのある生活を求めておられるようにも思います。2人であれば 楽しく気の合うAさんと、山あり谷ありの人生を歩んでいくのは良い選択と思います。私自身も尊敬できる相手より、自分らしく振舞える相手を選びます。(…ました。)


[13]>7 長い人生を考えるとAさんがベターに見えます。 miharaseihyou

上手に譲ってくれる人でなければ合わないと思う。

Bさんだと意地の張り合いがエスカレートしてお互いに疲れる展開が予想される。


[14]>13 同意です sacrim

ですが一生を左右するので、やはり様子を見てみないとわからないかもしれません。


[15]>14 子供を産みたいのかどうか。 miharaseihyou

子供が産まれれば家庭の様相は一変します。

育児モードと夫との相対モードでは全然違ってきます。

人生設計とか考える前に、あなたが子供を産みたいかどうかが問題です。

お医者さんの方は、そういう意味では理想的ですが、相対モードでは厳しいでしょう。

産みたいのであれば、さっさと作ってお目出度婚が良い。

選択肢があるようでいて余裕は無いように見えます。


[16]>9 直感 threecloudjp

そうですね。

直感的にいいと思うのはBさんのほうなのですが、Aさんとの気楽な関係も捨てがたいと思いつつ…。

贅沢な悩みなのはわかっているのですが。


[17]>15 子どもはつくらないつもりです threecloudjp

わたし自身は子どもはつくらないつもりです。

なので、先方の意志はひとまずおいといて自分の都合だけで考えると、あまり大きな決定打がないのです…。

確かに子どもを産むのならBさんのほうがよいとは思うのですが。


[18]>13 意地の張り合い threecloudjp

うちの両親がまさにそれで、すごい低レベルなことでご近所の目も憚らず言い争いばかりしていて、子供心にほとほと嫌気が差していたのをよく覚えています。いわゆる「喧嘩するほど仲がいい」の範疇だったのかもしれませんが、やはり子どもとしては両親とも穏やかに仲むつまじくあってほしいと思いますし、自分は絶対にそんな夫婦にはなるまいと思いながら育ちました。

まあ子どもをつくるつもりはないのですが、しかし確かにわたし自身も遠慮がないほうなので、相手がそれをやわらかく聞き入れたり受け流したりしてくれる人でないと成り立たないような気がしてきました。


[19]>12 うーむ threecloudjp

いや、両方からただいま熱烈に求婚されている最中であるというわけではないのです。ただ、自分を取り巻く状況とか自分の中の結婚に対するモチベーションとかを冷静に考えてみたとき、わたしはたぶん、相手の意向とかタイミングとかそういうもろもろの要素の末、そう遠くない将来にこの二人のどっちかと結婚することになるんだろうなあ、というようなところで、それぞれを選んだ場合どんな人生になるのか多少なりとも考えておくべきなのかと思って質問しています。

「医者」というのは確かに結婚相手として申し分ない肩書きですが、やはりわたしは、医者の妻として生きている知り合いの女性たちを思い浮かべると、なんだか大変そうだなあ、という思いが先に立つのです。もちろん幸せなこともいっぱいあるんだろうとは思うのですが…。


[20]>11 非現実的です threecloudjp

自分が一方的に養われるのが嫌なのと同様に、相手を一方的に養うことも考えていません。

わたしの収入だけで大人二人が生活するのはそもそも不可能です。

そしてそれは、大部分の男性にとっても同じことだと思います。

配偶者手当などがつくにしても、このご時世、旦那様がよほどの高給取りでない限り、サラリーマンの妻も安穏として主婦業に専念していればよいというものではありません。

しかしまあ、専業主夫という選択が専業主婦と同じくらいに当たり前になれば、男女ともにもっと生きやすくなるのかもしれません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ