人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

篠山記信さんが、法的に許される範囲の女性のヌードを撮影したが、それを撮影したのが公道であったために写真そのものも発表できなくなりましたが...。

例えば駐車場(公共)に駐車している車(他人の車)を勝手に撮影し、ナンバープレートのぼかし等の処理をしライブラリのような形でWEBで公開するとします。
この場合、写真そのものの権利などについては人間と違うので肖像権などとは関係ないと思いますが、駐車場の目的外利用や不法侵入のように、写真撮影行為そのものが、法律に抵触する恐れはないのでしょうか。
もし違法である場合、そのように撮影された写真はWeb上に公開できるものなのでしょうか。


●質問者: tacoru
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:Web ナンバープレート ヌード ライブラリ 人間
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● nil_admirari
●60ポイント

篠山紀信さんのケースは、公道で裸になることが刑法の公然わいせつに該当しうることが問題になったわけで、

質問者さんのケースとは全く違うように思いますが…


他人の車を撮影しても、おっしゃるとおり肖像権の問題は生じません。

仮に問題があるとすれば、むしろ車の持ち主のプライバシー権の方でしょう。

もっとも、ナンバープレートのぼかし等の処理をなさるとのことなので、

プライバシー権についても大丈夫とは思いますが、

車の内部の様子や、外観の顕著な特徴から

持ち主が特定できてしまうおそれのある写真は、公開しないようにすべきでしょう。


写真撮影のために駐車場に立ち入る行為は、

厳密に言えば管理者の意に反する立ち入りになりえますが、

よほど常識の範囲を超えた時間・態様での立ち入りでなければ、

管理者に損害が生じるとはいえないでしょうから、

質問者さんが実際になんらかの法的責任を追及される可能性は考えにくいのではないでしょうか。

(全く違法でない、とは言い切れませんが)


なお、普通の屋根のない駐車場じゃなくて、

ちゃんとした建物になっているタワー式駐車場に立ち入ったりすれば、

建造物侵入等の罪に問われる可能性がありますから、

十分に気を付けてください。


http://www.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

確かに仰られる通りだと思うのですが、「不法侵入はまずいのでは?」などと辛らつなコメントが付いたHPを見かけると、いまどきは撮影場所にも気をつけないと危ないなと思ったりしてます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ