人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近息子との会話で気になって仕方がない「ら抜き言葉」

着れる 寝れる 食べれる等々・・・聞いていてキィーーッ っとなってしまいます・・!!
クラスのほとんどがこの様な言葉遣いだそうで、びっくりです。
時代の流れと諦めるべきか、ここはビシッと注意すべきか、悩んでしまいます。。

私が時代遅れなのでしょうか? 皆様のお宅では如何ですか?

よろしくお願い致します。

●質問者: 閉店ガラガラ ワオッ
●カテゴリ:学習・教育 人生相談
✍キーワード:ほと ら抜き言葉 クラス 時代遅れ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● 味わい
●0ポイント

コミュニケーションは、ちゃんと相手に伝えようとしたり、

一方的な主張で終わらないように気をつけることが大事だと思ってます。

文法はちゃんとしていたとしても、上記のようなことを気にしない人とはあまり話したくないですね。


KEI-CHANさんも、海外に行ったり障害がある方たちとやりとりしてみたら考えが変わるかもしれませんよ。

みんな体を使ったりして必死に伝えようとしてますから、「ら」どころの話じゃなくなりますよ。



ななブロ(ビジネス、コンピュータ):http://d.hatena.ne.jp/nanacy7741

◎質問者からの返答

私の悩んでいる事、心配な事が海外に行って解決するとは思えないのですが・・・

ご回答ありがとうございました。


2 ● mouitchou
●70ポイント ベストアンサー

若者たち?こどもたちの間では、もうら抜きなどあたりまえ過ぎて、やめることなんか考えられないほどだと思います。うちでも普通に通用しています。


第一、なぜら抜きは注意されなくてはいけないのでしょう。単に、長い間の積み重ねとしての言語体系になかった用法だからではありませんか。

ウィキペディアでは、「いわゆるら抜き言葉は、上一段活用動詞、下一段活用動詞、カ行変格活用動詞(『来る』の1語のみ)を、ラ行五段活用動詞の可能動詞と混同することで発生したものである。」と書かれています。だからこんな混同をしていることが悪いのです、と言って説明してあげますか? この説明にも疑問があるようですよ。


私はもう高齢者の部に入りかけていますし、自身でら抜きを使うこともほとんど皆無ですが、ら抜きが悪いとは思いませんし、聞いても素直に受け止められます。

むしろ、従来の不備(可能の表現と尊敬の表現とが同じでまぎらわしい)を補う?改良する意味で、大したものだと思うほどです。


言語は生きています。変化するのが当然で、変化しない方が異様です。


「ら抜き言葉」は本当に「ら抜き言葉」なのか?

などを読んで、考え直してごらんになりませんか。

(注、ここの筆者はたまたま同年代らしいが、私ではありません。念のため。)

◎質問者からの返答

子供は小学生ですけど私は結構といい年なもので、とっても違和感を感じてしまいます・・・

何か一文字足りないだけで、もやもやしてしまい「ら」を入れる様強要してしまって・・

世間に疎くて何時から「ら抜き」が主流になっていたのか知らないのですが、息子は

つい最近使い出しました。

今後「ら」を入れる方が変になってしまうのでしょうか・・?

その上「レタス言葉」なんて言うのも登場してたりして、、(今初めて知りました。)

世間からすっかり取り残されてしまった気分です。

知らない事だらけで、ちょっぴりたそがれてしまいました。。

考えを改めないといけないのかも知れませんね・・!

ご回答ありがとうございました!


3 ● harumi2
●25ポイント

息子さん何歳ですか?うちは12歳の息子がいますが、流行り言葉、たまに使っています。私はへんな日本語を使う時は注意します。でも・・着れる 寝れる 食べれるの言葉は状況によっては使うと思います。それでも、あまりに変な言葉を使う時は流行だからとか思わず注意しています。一応親ですので・・

◎質問者からの返答

12才です。私は初めて聞いた時、ついに我が家にも ら抜きが上陸してしまった・・・

と悲しく思ったものです。

でも、全く間違った言葉遣いではなかったのですね。。

古い頭の親に育てられると、子供も辛いものがありそうです、、

あまりにも乱暴な言葉遣いでなければ、気にしなくても大丈夫のようですネ!

ご回答ありがとうございました!


4 ● online_p
●25ポイント

若者言葉というのもある程度広がりがあるものについては、必ずしも日本語の文法を無視したものではなく、古典にも使用例があったとりと、それなりに広い意味での日本語に相応しているものが多いと聞きます。http://www

◎質問者からの返答

私は言葉遣いが変化すると教えて頂くまで、一生変わるものではない! 位に

思っていました・・・無知と勉強不足のなせる技。。

あまり子供に無理強いはいけませんね。 ご回答ありがとうございました!


5 ● Sampo
●70ポイント

「ら抜き言葉」の是非は宗教戦争になりがちなので、どうすべきかについて直接的なアドバイスは避けたいのですが、質問者様にいくつか誤解があるようなのでそこだけ説明させていただきます。

  1. 「ら抜き」は最近のものではなく明治文学ですでにみられます。
  2. 「ら抜き」が文法的に間違っているということはありません。
  3. 「ら抜き」は「れる・られる」を使用するより意味の曖昧さがなく合理的な語法です。

1.についてですが、明治期に誕生したというよりは以前から各地の方言にあり、明治政府が制定した標準語に採用されなかっただけというもののようです。

2.についてです。流通している言葉遣いが文法で説明できないならそれは文法の方が間違っているというのが言語学の考え方です。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%A...

3.について。「書かれる」と言うと尊敬語なのか可能なのか区別がつきませんね。ですから普通は可能の場合「書ける」、と可能動詞を使います。「見られる」も同様。可能の場合に「見れる」と表現するのは「見る」の可能動詞だととらえることができます。

◎質問者からの返答

難しいですねぇ・・・今は当然のように言っている「読める」も昔は「読まれる」と

言っていた と、2番のご回答者様が貼って下さったものに書いてありました。

私も当時なら、何その言い方! って怒られていた事でしょうね。。

先程子供に聞いたところ、「見られる」は目上の人に使う敬語だよ と軽く言われて

しまいました。「見れる」で良いのだと。。その時は何だか釈然としませんでしたけれど

ようやく分かりました! 日本語 難し過ぎですぅ。。

お世話になりました! 詳しく教えて下さりありがとうございました!


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ