人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

スペインが20日の一部の国債入札を中止した理由を教えてください

●質問者: surippa20
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:スペイン 国債
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● seble
●27ポイント

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-18670720101216...

ほぼ予想通りで、堅調にさばけたとは言え、前回の国債は利回りがだいぶ上がった

(発行側としては損)

ために、利回りが事前に確定できるシンジケート団方式へ変更したのだろうと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110118-00000563-reu-bus_all

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110118-00000650-reu-bus_all

入札方式ではふたを開けてみるまではどうなるかはっきりしないので不安定ですから、現状の金融不安の状況ではさらに利回りが悪化する恐れもあります。

>しかし透明性は低下し、マーケットは逆に問題があるのかと不安を抱いてしまう

といううがった見方もでき、あながち的はずれでもないと思いますが、少なくとも表面上は確実な国債発行ができる点を重視したのであろうと、、たぶん。


2 ● konata2983
●27ポイント

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-19056420110117

上記に書いてますが 20日に予定していた期間10年および15年の国債の入札を中止し、シンジケート団引き受け方式により10年債を発行した。 らしいです 参考までに。


3 ● こっば
●26ポイント

これでしょうか?

スペインが20日の国債入札を中止、シ団引受で10年債発行へ (ロイター)

http://news.www.infoseek.co.jp/business/story/17reutersJAPAN1905...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ