人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

うろおぼえですが、昔、次のような学説?を読んだことがありました。

性に対する人々の態度は、大きく下位・中位・上位の3グループに分けられる。
そして下位グループは性に「生殖」を求め、中位グループは「ロマン」を求め、上位グループは「快楽」を求める。
男女の組み合わせは9種類あることになるが、違うグループに属す男女のカップルはトラブルになりやすい・・・。

最初に主張したのは誰かとか、その説の名前とか、その説を紹介している文献を教えていただければと思います。

●質問者: lionfan
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:カップル グループ トラブル 名前 快楽
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● holoholobird
●80ポイント ベストアンサー

http://en.wikipedia.org/wiki/Hedonism

Hedonismかな?違った性快楽主義の組み合わせは摩擦が起こりやすいって話を展開しています。

サディストとマゾヒズトは一見違いますが、大別されるカテゴリーが会うので相性がいいって話を読んだ気がします。

始祖はEpikourosですね。参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

id:holoholobird様、ありがとうございます。

もしかしたらこれかもしれませんが、ヘドニズム(快楽主義)は、すこし大きなくくりになると思います。

もっと性の話に特化した、近代?現代の学者の学説のような気もしますので、この質問自体は継続させていただきます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ