人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

悪質な中傷のメールが来たのですが、訴えたら慰謝料は取れますか?メールだと名誉棄損にはなりませんか?慰謝料を取る手順を教えてください。メールの内容は「(私のことを)フィリピン人?チビでもレースクイーンになれるんだ?太りすぎでしょ笑えるね!!」です。メールの相手は知り合いの知り合いです。

●質問者: noguchi1010
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:チビ フィリピン メール レースクイーン 名誉
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● ぽこたん
●20ポイント

良くある悪質なストーカー行為かもしれませんね。

知り合いの知り合いというのも良くある事で、質問者さんに好意を持ったりした可能性があります。

自分で解決しようと思わずに、警察署に相談しておくことをお勧めします。

http://www.police.pref.osaka.jp/05bouhan/stalker/

早めに処理しないとエスカレートしますので、警察などに電話して早めに処理しましょう。

警察などから電話して貰って「警告」を行って貰います。

誹謗中傷は犯罪行為です。

慰謝料は取れる可能性がありますが、その前にあなたが被害に合わない事が重要です。


2 ● deflation
●30ポイント ベストアンサー

あなたを誹謗・中傷した相手に対して、民法709条の不法行為に基づく損害賠償を請求することが考えられます。

この請求が認められるためには、メールの文面(それが事実だとしても)によって、あなたの受けた苦痛・不快感が、精神的損害と評価できることが必要です。たとえば、そのメールを受信したことによって、メール受信行為そのものに不安を覚えるようになったとか、そういった現実的な損害が発生することが要件です。


損害賠償訴訟を起こすには、相手の氏名、住所を特定することが必要です。


以降の手順に関しては、「名誉毀損の慰謝料請求 損害賠償請求」が参考になります。


3 ● tyousann
●20ポイント

ここが参考になるかと思いますが、

これだけではなかなか厳しいかもしれません。

ただし、メールだから無効ということではもちろんありませんので、

記録として必ず残しておいてくださいね。

今後の展開によっては訴訟もあり得るかもしれません。

http://q.hatena.ne.jp/1208637577


4 ● koutarou
●15ポイント

悪質なメールですね。すべての中傷メールを証拠として、保全しておきましょう。

なぜ、誹謗中傷へと至ったのか。「具体的な事実」を説明可能に。


・名誉毀損罪(刑法230条)

公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、

3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。


・侮辱罪(刑法231条)

事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。


>メールだと名誉棄損にはなりませんか?

ポイントは、「公然」の要件をみたすかではないでしょうか。

「公然」とは不特定または多数人の認識できる状態です。数名でも「多数」に該当する

場合があります。


・サイトへの書き込み→多数が閲覧可能「公然」に該当。

・メールを数人へ送信→多数が閲覧可能「公然」に該当。


サイトへの書込み、メールを複数人に送信した場合は、少なくとも侮辱罪に

該当するのではと思います。サイトへの誹謗中傷・書込みを見つけたら、

きちんとコピーし、証拠を確実に保全することをお勧めします。


>悪質な中傷のメールが来たのですが、訴えたら慰謝料は取れますか?

刑事的には侮辱罪は、おおくても12万くらい、たいていは5万くらいのようです。

証拠保全を行い、相談してみてはどうでしょうか。


法テラス


民事的には、侮辱的な発言での慰謝料請求は、ハードルが高いと思います。

案件は違いますが、参考になると思います。

相手の侮辱的な発言に対して慰謝料の請求はできますか?


5 ● tama213
●15ポイント

内容証明郵便で、5万程度の慰謝料を要求する。

名目は何でもよいです。

心的ストレスを感じて体調不良になったとかでも。

メールであなたに届いただけでは、名誉毀損にも侮辱罪にもなりません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ