人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

下記3点について教えてください。

1) 法人が購入した「映画DVD」「音楽CD」「書籍」を、法人の構成員が閲覧するというのは、適法・違法どちらでしょうか?
2) 「1)」が電子化されていて、構成員が複製可能な状態で閲覧する行為は、適法・違法どちらでしょうか?
3) 「1)」が電子化されていて、構成員が複製不可能な状態(端末を限定したり、ストリーミング配信するなど)で閲覧する行為は、適法・違法どちらでしょうか?

根拠の情報も添えてお願いします。

●質問者: rysk92
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:DVD ストリーミング 映画 書籍 法人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● deflation
●35ポイント

1) 法人が購入した「映画DVD」「音楽CD」「書籍」を、法人の構成員が閲覧するというのは、適法・違法どちらでしょうか?

一般的なDVD・CDは,その利用規約に「家庭内の視聴を目的」と明記されているので、法人で購入し、法人の構成員が視聴することは契約違反になります。リース業者用には別途業務用DVD・CDが用意されていますし、図書館で貸し出し可能なDVD・CDは別途著作権者の許諾を受けています。


2) 「1)」が電子化されていて、構成員が複製可能な状態で閲覧する行為は、適法・違法どちらでしょうか?

3) 「1)」が電子化されていて、構成員が複製不可能な状態(端末を限定したり、ストリーミング配信するなど)で閲覧する行為は、適法・違法どちらでしょうか?

電子化された媒体の規約に準じます。

しかし、現在ダウンロード販売で入手できるデジタル・コンテンツは、私的利用のみを許しています。


参考「「業務使用」にはどんなものがありますか?


2 ● hanako393
●35ポイント

1)書籍は合法

「映画DVD」「音楽CD」は遺法です。

法人の構成員が閲覧するのは、無料でもレンタルと同じですので駄目です。

もちろん、「家庭内の視聴を目的」に準じる場合は合法です。

2)、3)は遺法です。

私的複製の範囲を超えてます。

http://www.furutani.co.jp/cgi-bin/term.cgi?title=%8E%84%93I%95%A...

3)に関しては、映画DVD、音楽CDを配信してることに該当しますので

いくら端末を制限しても、遺法です。

市販されている「映画DVD」「音楽CD」は配信する権利を認めてません。

パッケージにきちんとかかれてます。

「法人の構成員」も「限定された無料会員・無料会員」も扱いは同じです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ