人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

[500pt]ヒトの脳とパソコンとを接続するような研究は、どの会社/機関で、どの程度まで進んでいますか?
最近、サイバネティクスやヒトとコンピュータについて興味が出てきたので、色々知りたいのですが、その助けになるような情報を希望致しております。
なお、英語サイトを紹介される場合は、日本語で簡単な要約やタイトルを入れて下さい。
非常に良い回答がつきました時には、1名に付き200pt程度、質問合計500pt程度を予定しております。
なお、なるべく多くの情報を欲しく思っておりますので、役に立ちそうな情報については気軽に回答頂ければ幸いです。
よろしく、お願い致します。

●質問者: j4mika
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:コンピュータ サイト サイバネティクス タイトル パソコン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● motsura
●60ポイント

http://robonable.typepad.jp/report/2009/04/index.html

日立製作所のブレイン・マシン・インターフェイス研究の報告です。

で、それを応用した商品です。

http://www.excel-mechatronics.com/medical.html

fMRIなどでは未だに「脳の部位」と「働き」はちゃんと結びついていません。

損傷を受けた脳は、その部分を補うために通常の人の脳と違う働きをすることがわかっています。

現実の介護の現場では、全身麻痺の人とのコミニケーションにまばたきや視線を使います。

なので、脳とパソコンをつなぐとしたら、脳の細かい部位の動きを検知するより、より高速その人の「はい・いいえ」を読み取るという方向になると思います。

◎質問者からの返答

早速の回答頂きありがとうございます。

日立もBMIの研究をしていたのですね。

有用な情報ありがとうございます。

そういえば、最近海外で売り出されたゲームには、BIMを利用したものもありましたねー


2 ● kirikun1228
●0ポイント

いろいろなものがあります。・食べるものの味を変える。これは、嗅覚と視覚を奪い味を変えるものです。・ある眼鏡をかけると絵本の絵がうごいてあそべるとか・・・。有名かもね・・・すくなくてすみません

◎質問者からの返答

回答いただきありがとうございます。

どこの会社が研究している内容でしょうか?


3 ● くろば
●60ポイント

脳活動計測で「指先の動きをPC上に正確に再現する」技術開発に成功

http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h22/101020/101020.html

「脳波でアニメーション操作」――IBMとEmotivがデモを披露

http://www.computerworld.jp/topics/ibm/93769.html

脳波使いパソコン操作、ALS患者向け研究 阪大病院など

http://kankuu785401.blog129.fc2.com/blog-entry-179.html

◎質問者からの返答

回答いただきありがとうございます。

とても参考になります!

以降、回答頂ける方へ(過去、回答頂いている場合も再度回答いただけると幸いです)

基礎研究系よりも、実用に向けて研究や商品開発を行っている企業を中心に回答頂けると幸いです。

宜しくお願い致します。


4 ● mkonomi
●50ポイント

長期安定性を誇るブレインマシンインターフェイス(BMI)技術を確立

平成22年4月6日 独立行政法人 理化学研究所

ブレイン-マシン・インタフェース最前線(1)

BMIで変わるもの、変わらないもの

特 集 BMIで変わるもの、変わらないもの

▼1章 BMIとは ?義肢・ロボットスーツを例に?

▼2章 BMIで変わる人

▼3章 BMIと社会

▼4章 変わるもの、変わらないもの

◎質問者からの返答

回答いただきありがとうございます。

理研やATRなど研究しているのですね。

とても参考になります!


以降、回答頂ける方へ(過去、回答頂いている場合も再度回答いただけると幸いです)

基礎研究系よりも、実用に向けて研究や商品開発を行っている企業を中心に回答頂けると幸いです。

宜しくお願い致します。


5 ● typista
●50ポイント

http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2010/pr20100329/pr2...

独法の産総研というところが「ニューロコミュニケーター」という脳内意思の解読/伝達する装置を開発したそうです。

少し古い情報ですが、脳活動を分析して「見ている図形」を視覚化できる技術の開発というのもありました。

http://blogs.yahoo.co.jp/yqsbc547/57705252.html

さらに古いですが、脳内でイメージしただけでセカンドライフ内を移動するという技術が慶応大で開発されたこともあったようです。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-tech...

◎質問者からの返答

回答いただきありがとうございます。

とても参考になります!

以降、回答頂ける方へ(過去、回答頂いている場合も再度回答いただけると幸いです)

基礎研究系よりも、実用に向けて研究や商品開発を行っている企業を中心に回答頂けると幸いです。

宜しくお願い致します。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ