人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

簿記3級を勉強しています。そこで質問です。

決算整理後残高試算表の仕入れ額はなぜ、売上原価になるのでしょうか。

具体的にわかりやすくお教えください。

よろしくお願いします。






●質問者: ryouko5252
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:にわか 勉強 売上原価 決算 簿記
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● hanako393
●27ポイント

売上原価とは、売った商品を仕入れるのにかかった金額(コスト)です。売上に貢献した仕入の総額とも言えます。売上原価は、次の公式で求めることができます。

売上原価 = 期首商品棚卸高 + 当期商品仕入高 ? 期末商品棚卸高

http://www.get-boki.com/archives/27/48/000138.html

これで具体的にどうわからないのでしょうか?


2 ● suppadv
●27ポイント

決算整理後残高試算表の仕入れ額は、その年の仕入額から売れ残りの仕入額を引いたものなので、販売された商品の仕入額を表します。

そのため、売れた商品の仕入額と一致するので、売上原価と同じになります。


http://www.mezase-bokizeirishi.jp/kouza2/shouhin2.html


3 ● kanetetu
●26ポイント

売上原価=売上高に占める仕入値段です。

売上原価というと理解しずらいですが、『売上の原価』こう表現すると理解し易いでしょう。

下記に同じような質問がありますので

分かりやすく回答してらっしゃいます。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3049567.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ