人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

無線LAN (IEEE 802.11b/g/n) を用いて、図のようにネットワークを構築しています。

NAS周辺なのですが、多くのアクセスがある「録画したTVのファイル」用のNASは、どこか別の特別な場所に移したほうがよいでしょうか? 録画したTVを見るクライアントは大体決まっています。

その他のクライアントは、主にインターネットのオンラインアプリを使ったりする程度です。

我が家のLANのトランザクションの最適化という観点から、幅広い視点からのご助言を願います。

なお、私は、一つのLANの中のトランザクションが、「全てルータを通るのか?」ということさえわかっていませんので、現状の構造は不合理である確率が高いです。


1295991229
●拡大する

●質問者: LAN-sub
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:802.11b IEEE LAN NAS TV
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● tasklight
●26ポイント

「ルーター」「LANハブ」「無線LAN親機」「無線LANアクセスポイント」と記されていますが、具体的なメーカー名、製品名を示していただかないと、的確なお答えはできません。

とくに「無線LAN親機」「無線LANアクセスポイント」がなぜ2台ずつあり、親機とアクセスポイントに分かれているのかが分かりません。


一般論としては、「LANハブ」がスイッチングハブなのであれば、「無線LAN親機」もスイッチングハブの下に配するのが定石です。

◎質問者からの返答

そうですか。有難うございます。この質問で大雑把に把握したあと、新しく質問するつもりですので、そちらもよろしくおねがいいたします。


2 ● mdfmk
●39ポイント

ボトルネックになりそうなのは、

スイッチングハブの帯域、ルーター内のハブの帯域、TVを見るクライアントと無線LAN親機・中継器の帯域+安定性。ですかね。

映像のフォーマット(転送量)にもよりますが、やはり「NAS B ? TVを見るクライアント間」のトラフィックが心配ですね。

NAS BとTVを見るクライアントと接続する親機ができるだけ他へ影響がなく、直接的につながるように同じスイッチングハブ下に置いてあげたほうがいいです。


無線LANの部分がボトルネックになる場合は、5GHzの802.11nの無線LANに切り替えると良いかもしれません。

ただ、2.4GHzよりも電波が飛ばないので注意が必要です。

http://kakaku.com/item/K0000089610/


手頃な中継器もあります。

http://buffalo.jp/products/new/2010/001163.html


条件が合えば電力線搬送通信(PLC)も使えるかもしれません。ただ、成功確率は50%とのウワサです。

http://panasonic.jp/p3/plc/

◎質問者からの返答

色々とありがとうございます。検討の参考にさせていただきます。


3 ● こばさん
●13ポイント

経路の中で一番ネックになる部分で考えたら良いです。

で、今回の場合だと明らかに無線LANの無線部分がネックです。

公称300Mbpsの上限速度が出るとは考えにくいですが、ハブがギガハブであればこれを余裕で下回るので、さほど考える必要ないでしょう。


#1さん同様に無線LANの配置に疑問が残りますが、特に問題ないかと。

◎質問者からの返答

無線がネックですね。有難うございます。


4 ● taroe
●12ポイント

ハブをスイッチングハブに変えるだけで問題ないです。

この「8ポートハブ」がスイッチング機能を持ってるのなら、現状で問題ないです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ