人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

エフェドリンを規制する法律を教えてください。麻薬及び向精神薬取締法の指定は受けていませんよね? 厚労省より販売が禁止されたという文章がありましたが、具体的にはどのような法的手続きによって禁止がされたのでしょうか?

●質問者: hfgi4938
●カテゴリ:インターネット 医療・健康
✍キーワード:エフェドリン 厚労省 法律 規制 麻薬及び向精神薬取締法
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん
●30ポイント

http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E3%82%A8%E3%83%95%E3...

うまくリンクが貼れるかな?

エフェドリンはアンフェタミンの原料物質となりますので、覚せい剤取締法の対象薬剤となっています。Wikiを見ますと錠剤及び散剤とありますが、これは濃度(含有量)の問題かと思われます。

http://reocities.com/Area51/dreamworld/2160/ligalitygohodrugt.ht...

で、薬局さんに売られている風邪薬などにもエフェドリンは含まれており、これは薬事法による規制を受けると言う事になります。

リンクのサイトは合法ドラッグとして販売されていたものが販売禁止となった例なのですが、これは薬事法での販売禁止と言う事になります。劇薬指定を受けるレベルの含有量≒劇薬は要処方箋薬となる上、その薬剤は厚生労働省の販売許可を得なければならない訳で、この二点において違反している。劇薬に相当しない濃度であっても医薬品となる為、これも許可が必要。販売者は薬剤師や薬種商、管理販売員の資格が必要となるので、一般人が販売した場合これも違法となります。


2 ● mouchette
●15ポイント

覚せい剤取締法

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26HO252.html

で、覚せい剤原料として指定されています。

http://33765910.at.webry.info/201006/article_11.html


3 ● taroe
●15ポイント

日本でも、質量比10%を超える製品は、覚せい剤取締法により、覚せい剤原料として規制されてます。

エフェドリンを含むダイエット補助薬は、確かに厚生労働省の勧告により販売禁止になりました。

薬事法違反というのが名目です。

薬局の薬にも含まれてるもののありますが、それはOKです。

ただし、大量に買う客に要望の数だけ売ってはいけないように行政指導されてます。

質問の答えは、「薬事法違反」です。


4 ● faifai
●30ポイント

釣られたお? 『2chまとめ』エフェドリン&メチルエフェドリン【5錠目】

どうでしょ

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ