人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

明治以前の日本人の歩き方についての文献を探しています。ナンバが日本人の歩き方という説があるようですが、いささか大雑把過ぎるのではと疑問に思っております。手を振らずに踵をつけない、こんなイメージかなと今手元に集めた資料からは考えていますが、決定打がありません。宜しくお願い致します。

●質問者: 未到散人
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:はと イメージ ナン 日本人 明治
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● nawatobi_penguin
●60ポイント ベストアンサー

自分の頭と身体で考える (PHP文庫)

自分の頭と身体で考える (PHP文庫)

  • 作者: 養老 孟司 甲野 善紀
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • メディア: 文庫

うろ覚えですが、こちらの著作で古武術研究家の甲野善紀さんによると

西南戦争の際に官軍が苦戦したのは、徴収したのが武士ではなかったので走ることができなかった(ナンバ歩き)のも一因であるとの話があったように思います。

しかし西南戦争の錦絵を見てもやはり分からないですね。



しかし、正座も現在のように両膝を揃えて折り曲げて座るのみが「正」とされたのは明治期であり

それ以前は韓国のように片膝を立てて座るのも「正」座であったと読んだことがあります。

(山岸凉子の「日出処の天子」の文庫版2巻の解説にありました)

いずれにせよ明治の時代に日本人の身のこなしが標準化されているのは間違いはないようです。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

甲野善紀氏の著書はかなり読みましが、参考になったのは垂直離陸、垂直着陸という部分です。他では平起平落とも説明されています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ