人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

小学校の校舎は、南向きにつくらなければならないというのは本当ですか


●質問者: surippa20
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:小学校
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● m72
●20ポイント

明確に南向きしかダメという形では規定されてません

が、しかし

「良好な日照及び空気を得ることができることが重要である。」

と文科省の指針で定められてはいます

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/013/gaiyou/at...


良好な日照条件を確保するためには、南側に採光面を採るのが妥当、ということになります


2 ● umeten
●20ポイント

建築基準法施行令

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25SE338.html

上を見た限りでは

******************

第二章 一般構造

第一節 採光に必要な開口部


(学校、病院、児童福祉施設等の居室の採光)

第十九条 法第二十八条第一項 (法第八十七条第三項 において準用する場合を含む。以下この条及び次条において同じ。)の政令で定める建築物は、児童福祉施設、助産所、身体障害者社会参加支援施設(補装具製作施設及び視聴覚障害者情報提供施設を除く。)、保護施設(医療保護施設を除く。)、婦人保護施設、老人福祉施設、有料老人ホーム、母子保健施設、障害者支援施設、地域活動支援センター、福祉ホーム又は障害福祉サービス事業(生活介護、自立訓練、就労移行支援又は就労継続支援を行う事業に限る。)の用に供する施設(以下「児童福祉施設等」という。)とする。

2 法第二十八条第一項 の政令で定める居室は、次に掲げるものとする。

一 保育所の保育室

二 診療所の病室

三 児童福祉施設等の寝室(入所する者の使用するものに限る。)

四 児童福祉施設等(保育所を除く。)の居室のうちこれらに入所し、又は通う者に対する保育、訓練、日常生活に必要な便宜の供与その他これらに類する目的のために使用されるもの

五 病院、診療所及び児童福祉施設等の居室のうち入院患者又は入所する者の談話、娯楽その他これらに類する目的のために使用されるもの

3 法第二十八条第一項 に規定する学校等における居室の窓その他の開口部で採光に有効な部分の面積のその床面積に対する割合は、それぞれ次の表に掲げる割合以上でなければならない。ただし、同表の(一)から(五)までに掲げる居室で、国土交通大臣が定める基準に従い、照明設備の設置、有効な採光方法の確保その他これらに準ずる措置が講じられているものにあつては、それぞれ同表に掲げる割合から十分の一までの範囲内において国土交通大臣が別に定める割合以上とすることができる。

******************

とあり、「南向き」かどうかについての記述はありませんでした。


3 ● あすか
●20ポイント

小学校設置基準?第三章 施設及び設備」に記されているように、南向きにしなければならないという法的制約はありません。

ただ、自治体によっては、南向きにすることを求める条例を定めているかもしれません。


4 ● cleaning-kenchan
●20ポイント

小学校設置基準(第三章 施設及び設備)

を見る限り面積は決められているみたいですが、校舎の向きについては触れられていません。

しかし、小中高校の大半の校舎は南向きで校舎の前に校庭があります。

私考で申し訳ありませんが、南向きの方が照明・暖房等にエネルギー効率がいいのでこのようになっているのではないかと思います。


5 ● kice
●20ポイント

関係ないと思います

僕が行っていた小学校は親が言うには西向きらしいです

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ