人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【考察】
以下の3つを読んで、あなたが人間というものに関して考えたことを教えてください。
http://q.hatena.ne.jp/1296901793
http://q.hatena.ne.jp/1279422140
http://h.hatena.ne.jp/keyword/%E4%BA%BA%E5%8A%9B%E6%A4%9C%E7%B4%A2



●質問者: chinchin-kozou
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:あなた 人間 考察
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● Gleam

ネット上には、様々な人間がいる。

ある人がある人を罵倒したとして、された側が法に訴えたとしても、取れたとして、せいぜい数万円得る程度であろう。そのために必要な手続きは複雑である。

結局、罵倒された側が泣き寝入りすることが多い。

それが今のネット社会の現状である。

法が追いついていない。

ハンドルネームでの名誉毀損が成り立つなら、2チャンネルで実名での誹謗中傷はどうなるのか。

結局、被害者は、スルーするしかないのが現状である。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8...


2 ● loio

インターネットが普及してフラットな世界になってきたのに

あまり人間が対応できていないんじゃないかなと感じています

そもそも人間ってひどいことを思ったり言ったりするもんですよ。

たいていの人は思うだけだけど、少数は人にいっちゃう。

言うときに、こっそり言う人もいるけど、対象の人に聞こえるように

これみよがしに言っちゃう人もいる。

これをインターネットに適用してるだけ。

こっそり言ったつもりが広がっちゃって問題になるのはリテラシーの問題。

これみよがしにいっちゃってけんか始めるのは、インターネットで

出てきた新たな問題。

あと、普通だったら、いやなやつとは付き合うのやめればいいんだけど、

はてなはひとつしかないので、逃げることができないかな。と

(ちえぶくろとか回答拒否とかできるけどね)

で、私の本音は

・書いてみたけど省略。インターネットって面白い・・・

私の感想としては、訴えるなら、個人相手じゃなくて、場を提供したはてなを訴えたほうがいいかな。


http://h.hatena.ne.jp/keyword/%E4%BA%BA%E5%8A%9B%E6%A4%9C%E7%B4%...


3 ● fosforo

どれも初めて読みました。

関わるだけ無駄と思いますのでスルーでいいのでは。

ポイント(お金)と時間ををかけてまで相手をしてあげてるなんて優しいなあって思いました。


鈍感力

鈍感力

  • 作者: 渡辺 淳一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 単行本


4 ● きあ

満足いく回答に到達できるかは疑問ですが、思ったことを書いてみたいと思います。


人は団体で行動する生き物です。ゆえに、コミュニケーションを重視する生物です。

地球上の他の生物にもコミュニケーションは存在します。

耳を進化させるもの、目を進化させるもの、進化させるもの。それぞれ特等的な伝達方法を持ちます。

人はどうでしょうか。生物個体としての能力は低くとも、今では電話やメール、インターネットでの意思疎通が図れます。

おかげで地球上のすべて、宇宙空間ともコミュニケーションが取れます。


インターネットの発達により、見えない相手とのコミュニケーションがとれるようになりましたが、一方で弊害が生まれました。

見えない相手と、意思の疎通を図る必要が出てきたことです。

顔の見えない相手ですから、どのような意図を持って発言したのかわりません。

相手が書き込んだ文字のみが伝わります。そしてそれを読んだ側が意図をくみ取ります。


そのような不自由なコミュニケーションを取っているわけですからお互いに意思の疎通に問題が生じるケースも当然起こりえます。

今回のケースにおいて、現状与えられている情報をもとにどちらが悪いというのは簡単ですが、今後はどうでしょうか。

もちろん相手に非があると思うのであれば取るべき行動は残されています。

法的に責任を問うことです。少なからず相手の、そしてあなたの本名が公開されるわけです。

相手の責任を追及するならこの方法がベストです。


もう一つの方法があります。

chinchin-kozouさんが行っているように他者に問う方法です。

この方法はあまりお勧めしません。リスクを背負います。


両者の意見を仲介するものもまた、不自由なコミュニケーションを強いられるからです。

僕がここに書いている回答も、受け取り手によりどっちの味方か意見が別れることでしょう。


今後もこのように、不自由なコミュニケーションでクリアしていくおつもりでしょうか。

ここに書き込んだ内容は、環境さえあればだれでも見れる状態です。

可能性だけでいえば50億のレスがある可能性があります。

50億の人に判断してもらい、善悪を決めるべきでしょうか。

その基準は同意者の数でしょうか。


chinchin-kozouさんが発信した内容は勿論、お相手の方が発信した内容も全員が見ています。

みた全員が、思うことを書きこんだらどうなるでしょう。それはいつまで続くのでしょう。

50億を待つのでしょうか。


ネットでのコミュニケーションは多くの方に伝わります。

当然ながら反対意見を言う人もいます。一部の人間は、不快にさせることを目的としたレスをするでしょう。


今後も50億うちの悪意をもった一部の人間に出会った場合、同じことを繰り返すのでしょうか。


ネットでのコミュニケーションにおいて、必要なことは無視することだと思います。

一部の人間のために不快な感情を興し、リアルの活動の妨げになることはあってはなりません。

全部の意見を受け入れるというわけではありません。こういう意見の人もいるよなと、割り切る必要があるのではないでしょうか。


面と向かっても分かり合えない相手がいる世界です。

場合によっては戦争、殺し合いに発展する場合もあります。

どこまでやるかは個人、その人たちの判断ですが、少なくとも無視するという選択肢はあってもいいのではないかと思います。


自然界に生きる動物たちとは違い、命のやり取りをする必要性のないのコミュニケーションを持つ人間だからこそそうする必要があるのではないでしょうか。

黙し目を閉じることで解決できることもリスクを背負わず解決する一つの手段なのです。


URLはダミーです

http://q.hatena.ne.jp/1296934585

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ