人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ある店の顧客(母集団数M)のある期間内(S)の来店確率Pを一定としたときに、観察している時間(T)の顧客ごとの来店回数(X)と、その回数を来店した人数(n)の積(X*n)は、どのような分布に従うのでしょうか? X軸を頻度、Y軸をX*nのとったらどんな関数になるのでしょう。
ポアソン分布のような気がするのですが、十分に長い時間をとれば、0回はなしになりますし、個別に人を識別するので、ちょっと違うような気がします。
具体的な例としては、1年間にある店に訪れる顧客の来店回数(X軸)と来店回数 × その来店回数の顧客数(Y軸)です。



●質問者: isogaya
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:ポアソン 分布 母集団 確率 間内
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● LaLaLa
●60ポイント ベストアンサー

a = P/Sとおきます。aは特定の顧客が単位時間の間に来店する確率です。

時刻0から時刻tまでの間に、特定の顧客が来店しない確率をp0(t)、1回だけ来店する確率をp1(t)、2回だけ来店する確率をp2(t)、...とします。これらは次の連立微分方程式系を満たします。

d p0/dt = -a p0(t)

d p1(t)/dt = +a p0(t) - a p1(t)

d p2(t)/dt = +a p1(t) - a p2(t)

...

t=0での初期条件は p0(0) = 1, p1(0) = 0, p2(0) = 0, p3(0) = 0, ... です。

この連立方程式系は上から順に解いていくことができます。結果は

p0(t) = exp(-at)

p1(t) = at exp(-at)

p2(t) = a/2 t^2 exp(-at)

...

p_n(t) = a/n! t^n exp(-at)

...

です。横軸にn、縦軸にn*m*p_n(T) すなわち ma/(n-1)! T^n exp(-aT) をとればお求めのグラフになります。

ポアソン分布からのずれは、nを掛けるところだけだと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。これでグラフ書いてみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ