人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自分は本当にあがり症で困っています。プレゼンなどでもある程度、原稿を考えていますので何とかなりますし、練習などをしても本番では顔が紅潮してしまい、声もかすれてしまいます。また、何か質問があった場合などは、あがっているので何を質問されたのか、自分で理解しないまま、何をしゃべっているのか自分でもわからなくなってしまいます。あがっているので頭が回転しないのです。こんな、自分を何か改善していく方法について、どなたかアドバイスください。

●質問者: hayutyan
●カテゴリ:学習・教育 人生相談
✍キーワード:あがり症 アドバイス プレゼン 原稿 改善
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/10件

▽最新の回答へ

1 ● ゲート
●16ポイント

・事前に水で顔を洗う

水に触れるとリラックス効果があるそうです。


・周囲にあがり症であることを伝えてしまう

プレッシャーからいくらか解放され楽になると思います。


2 ● urony
●16ポイント

私も緊張していると、変なことを言ったりしたりしてしまいます。

最後の手段として、内科や精神科で抗不安薬を処方してもらうといいと思います。


3 ● hfgi4938
●16ポイント

手っ取り早くなおすには、向精神薬を使うことです。精神科・心療内科でもらいます。大丈夫。危険な薬は、よほど患者の状態を知っていなければ出せません。言い換えれば、初診の患者には安全な薬しか出てこないということです。

抗不安薬・β遮断薬・選択的セロトニン再取り込み阻害剤など、あがり症に適応のある薬はたくさんあります。

風邪を引いたら風邪薬を飲むでしょう。あがり症なら向精神薬できまりです。


4 ● taroe
●16ポイント

さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる (DO BOOKS)
麻生 けんたろう
4495572814

アガリ症を7日間で克服する本 (PHP文庫)
松本 幸夫
4569671624

精神科医が書いた あがり症はなぜ治せるようになったのか ―社会不安障害(SAD)がよくわかる本
木村 昌幹
4774511463

あとは、カウンセリングを受けるとか

または、SAD系の治療ができる精神科医がいる病院で相談です。

症状によっては、緊張を和らげる作用のある薬を処方してくれる場合もあります。

作用はほんの少し緊張をやわらげてくれる程度ですので過度の期待は駄目ですよ。

魔法の薬はありませんから。


単なる努力で治る範囲なら、前半の2冊の本やその手の本を参考にして実践するのがよいでしょう。


5 ● ぽこり
●16ポイント

極度のあがり症の場合は、心療内科で相談をするのが解決の近道です。

とは言うもののなかなか病気だとは思いたくないと思いますので、

まずは、過度な緊張によるあがり症を、適度な緊張に変えていく方法について御紹介します。

1、プレゼンの発表の時に、いつもの顔見知りに伝えているようなイメージをする。

練習の時も、本番と同じような明るさや、広さで実施するとより慣れます、

2、想定質問集も作っておいて、心に余裕を持たせる。

3、質問者からの質問を、口に出して、「復唱」して、自分の頭の中で冷静に

噛み砕いてから、回答する。

誰もが緊張します。

でも、成功が長く続くと、慣れてきて普通になります。


参考:過去のはてな

http://q.hatena.ne.jp/list?word=%E3%81%82%E3%81%8C%E3%82%8A%E7%9...


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ