人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

情報伝達物質であるメッセンジャーRNAのA(アデニン), G(グアニン), U(ウラシル), C(シトシン)と,細胞内のセカンド・メッセンジャーであるアデノシン1燐酸(AMP),グアノシン1燐酸などの関係はあるのでしょうか。

たとえば、mRNAとして働いたあとで、今度はセカンド・メッセンジャーとして働くとか。あるいは、同じアデニンが別の仕事をするわけではないが、産生のところはアデニンもアデノシン1燐酸も同じプロセスであるとか。

細胞の核内から細胞質へのタンパク質産生の情報伝達物質であるmRNAと,細胞間ネットワークに従事しているAMPやGMPの関係を知りたいのです。

●質問者: ShinRai
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:AMP RNA ウラ タンパク質 トシ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● あすか
●60ポイント

細胞内ではADPは、ATPとAMPとの平衡混合物になっていますので、RNAと直接的な関係はありません。


GMPのうち、サイクリックdi-GMPはRNA合成に影響するとされる論文が発表されています。→http://stke.sciencemag.org/cgi/content/abstract/sigtrans;3/149/p...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。読んでみます。

mRNAはデジタル信号であるのに、GMPはシグナリング(アナログ)というのは、なんとなくバランスが悪い気がします。

AMPやGMPもデジタルという可能性はないでしょうかね

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ