人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

金銭についての考え方を聞きたい。
世間一般に、買い物や銀行の手数料など、数百円の差額に敏感になる一方、季節や人生の節目でのイベントは財布のひもが緩むという人が多いように思います。
個人的には、デジタルものには糸目をつけないけど、交通費にはやたら敏感になってしまいます。
なんか自分のお金の使い方が正しいのかどうか分からなくなってきませんか?

そこで教えてほしいのは、
1.お金についてのあなた自身のポリシー、考え方
2.1に影響を与えた書籍やサイトがあれば(複数ある場合はためになった物、読みやすいものが良いです)、できればかんたんな内容の説明も。

お願いします!

●質問者: moru
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:あなた いもの お金 イベント サイト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● online_p
●15ポイント

たしかにいろいろ情報をチェックしていると欲しいデジタル製品などがいくらでもありますよね。

衝動買いはしない。

気になる製品があったら、ブックマークでtmpに放り込む。

本当に必要な製品であれば、思い出すはず。

値段サイトなどに登録して、いくら以下になったら買うと決める。実際に下がってお知らせメールが来るころにはどうでもよくなってるはず。

◎質問者からの返答

なるほど、明確な値段のルールを定めるのですね。いいあんだと思います。


2 ● Chariots_of_Fire
●15ポイント

自分のポリシー、考え方

ほしいものは買う

食べたいものは食べる

着たいものは着る

大きな、一生に何度かの買物は真剣にしらべてから買う。



銀行の手数料など、数百円の差額に敏感になるのは?

それは比較して安い方法が他にあるからなのではないでしょうか。


季節や人生の節目でのイベントは財布のひもが緩むというのは?

人生に関わる、感性に関わるものには、お金をかけても、かけた意味があるというか、大金でも安く感じるからでしょう。

喜ばしいというか、なんというか・・・、うれしいからじゃない?

◎質問者からの返答

お金持ちの意見かもしれませんね^^

感情が揺さぶられるものにはお金をかけてしまうのはわかります。


3 ● nawatobi_penguin
●15ポイント

自分のポリシーとしては

・XX代として上限を設ける(毎月の予定)

・ネットで見て欲しくなった服やカバンは実物を見る

#交通費や返送料を考えても、気に入らないものを着たり使ったりするのは苦痛なので

・欲しい物があっても一週間考えて熱が冷めたら買わない

(特にデジモノはやっぱりスパン長い消耗品ですから)

・購買欲を刺激されるような場所にふらふら行かない

#大型電気店、デパートなど大型商業施設や無印やユニクロみたいに「ついで買い」で財布のひもがゆるくなる場所

・ご祝儀、お祝いは奮発したいけど常識的な額におさめる

#たとえば友達同士が結婚した場合、それぞれ別だったら3万だから5万包もうとぱっと思っちゃうのですが、

#そこは抑えて、新居のお祝いやお子さんのお祝い等に分配して相手の心理的負担を軽くする

・とはいっても突発的に欲しくなったり試しいものが出るので「予備費」を当てます

#「予備費」は毎月一定額当てておいて貯めておき有事の際の費用です

・手数料は納得できるサービスだけ支払う

#銀行ATM利用料は納得できないので会員サービスを使ってなるべく払わないようにしてます

#でもPCのサポートはメーカー直接の方がサービスが手厚いのでそれは普通に払ってます



ゆるくこんな感じでやってます。

◎質問者からの返答

>購買欲を刺激されるような場所にふらふら行かない

これ節約には大事ですね。最近気づきました。


4 ● sheik135
●15ポイント

正直自分はケチな人間です。

しかしそれは当然、金銭的なことでは得であるので別になんとも思っていません。

腹が減ったら何か食べるのは仕方がないことです。だからといっておいしいものを好きなだけ食べれば

お金がなくなるのはあたりまえと思っていれば自然に節約できるようになってました。

こまかなことでは、ATMからお金を下ろすのは手数料のかからない時間におろしたりする。

おおきなことでは、家電などを商品は必ず調べてから購入すること。なんとなく買って後悔し、新たに購入するなんでことはそれこそ無駄なことです。

恥ずかしながら損、得ばかり考えていたからこういう金銭感覚になってしまったのかも・・・

◎質問者からの返答

事前に調べるのは大事ですね。自分に必要なものかどうか落ち着いて考えることが出来ますし。

損得で考えるのは悪いことだとは思いません。


5 ● xiaqui
●15ポイント

私の金銭ポリシーです。


参考書籍です。

お金のことでくよくよするな!―心配しないと、うまくいく (サンマーク文庫)

お金のことでくよくよするな!―心配しないと、うまくいく (サンマーク文庫)

  • 作者: リチャード カールソン
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • メディア: 文庫

斎藤一人の百戦百勝

斎藤一人の百戦百勝

  • 作者: 小俣 貫太
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • メディア: 単行本

◎質問者からの返答

最大限の効果が期待できるところ、または投資しなければ効果が全く期待できないところに大きく投入するという感じでしょうか。

「お金を使ったこと」は日々意識から薄れていきますが、「目の前にある不満なモノ」は捨てるまで気になりますもんね。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ