人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

目上の人に対して、その人の文章が誠実であることを讃えたいとき、なんと表現すれば失礼にならないでしょうか? 誠実という語は、特にそれを直接相手に伝える場合、やや上からな響きがを帯びてしまう気がしています。よろしくお願いします。

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:表現
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/7件

▽最新の回答へ

1 ● idaten1go
●27ポイント

お人柄あふれる好文章に接し、深く感動いたしました。

くらいのあっさりした内容が良いのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます


2 ● あすか
●27ポイント

「誠実」の対象は文章という「モノ」に対する評価なので、身分の上下関係は発生しません。

そこで、誠実と「感じる」「思う」自分を、謙った言い方にするのがよいでしょう。

たとえば以下のような言い方で。


たいへんな誠実な文章と感じております(と存じます)。

◎質問者からの返答

ありがとうございます


3 ● greenfox
●26ポイント

シンプルに考えれば、素直に「誠実」という言葉を使われても全く問題はありません。


一つの例として次のページをご覧ください。

テレビ朝日系の人気長寿番組「アタック25」の出題者(=問題を読み上げたりする役割のアナウンサー)に選ばれた朝日放送の局アナ(=放送局の従業員であるアナウンサー)が取材を受けた際のコメントが載せられています。


http://www.oricon.co.jp/news/confidence/65533/

「児玉さんの司会進行、紳士で誠実なお人柄が『アタック25』の伝統そのもの」と語る加藤アナ。


加藤明子アナにとって司会の児玉清さんは年齢的にもキャリア的にも「はるかに目上の人」ですね。その方に向かって「誠実」という言葉を使っています。

アナウンサーというのは、言葉の使い方については一般人よりもずっとしっかりとした教育を受け、対外的に言葉を発するシーンでは厳しく自分を律したり内規などのルールを尊重しなければいけない立場の職業です。

そんな人が目上の方に対して「誠実」という言葉を自然に使っているので、私達の様な一般人が使っても何も問題は無いのです。


どうしても気になるとおっしゃるのでしたら、「素直な気持ちから書きましたが、(言葉遣いが下手な方ですので、)言葉に失礼な部分が有った場合はどうかお許し下さい。」という感じで「エクスキューズ(=ちょっとした軽い言い訳)」を書いてフォローしておくと良いでしょう。スペースなどの制約から長々とは書けない場合は、「誠実」というシンプルな言葉を使わず、その方の文章のどこに誠実さを感じたかを率直な言葉で表す、というのも一つです。


文章だけで気持ちを伝えるのは難しい事ですが、誠実な気持ちで言葉を書いたなら、誠実な文章を書く方なら必ず、その誠実な気持ちを感じとって下さるものと思います。

◎質問者からの返答

なるほどありがとうございます


4 ● adlib
●10ポイント

面従紙背 ? 単純な用語ほど印象・解釈・記憶が多様 ?

── 「ご清潔でご誠実なご立派な方で、心からご信頼申しあげます」

── 「ご誠実で、ご立派で、心からご信頼申しあげ、ご尊敬申しあげ

られるお方と存じます(正田 美智子 19581127 婚約記者会見)」

── せいじつ【誠実】〔心のこもっていること〕sincerity、〔実直さ〕

honesty; 〔正直〕integrity ◇ 誠実な (に)|sincere(ly); honest(ly)

── プログレッシブ和英中辞典(JapanKnowledge)

○「きみの弟は、面上に赤誠(誠実)があふれているね」

△「あなたの文章は、いかにも誠実で、核心を撞いています」

×「父上の書状からは、とても誠実な人柄が伺われます」

相手の文章を、品定めするようだと、いささか無礼に感じられます。

しかるに、もっともらしい言いまわしや、ありきたりの美辞麗句も、

初めて聞く人にとっては、ゾクゾクするほど嬉しいかもしれません。

陳腐ですが「わたしは心を打たれました」「感動しました」などなど。

やはり、あなたなりの感想を「簡潔・率直に」語るべきでしょうね。

(以下は、おそらく現代もっとも人気ある哲学者のエピソードです)

── 女主人が、ティーが好きかどうかなど、あれやこれやについてそ

の好き嫌いをウィトゲンシェタインにたずねた。そのとき、向こうの部

屋から彼女の夫が『何もきかなくてもいい。ただ差し上げるんだ!』と

叫んだ。ウィトゲンシュタインは、この声につよく感銘を受けたという。

── 《世界をつくった人々の伝記 19780301 自由国民社》P106-107

http://q.hatena.ne.jp/1207747161#a818736



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ