人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

情報論・情報学に詳しいかたに質問です。

「情報量の計算方法」を扱っている書籍の中で、
複雑な数式をもちいずに平易に解説してくれている、
おすすめの日本語の書籍をご存知でしたら、教えてください。

なお、かならず、あなたが実際に持っている本をお願いします。

また、内容の簡単な説明と、
情報論または情報学におけるその書籍の地位・重要度にかんする説明とを、附記してください。

なお、ゆくゆくの目的は、全世界に存在する、記録されている情報の、総量を算出することでです。
その点にご留意ください。

よろしくお願い申し上げます。


●質問者: Informatics
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:あなた おすすめ 存在 情報学 情報量
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● あすか
●18ポイント

やさしい応用情報技術者講座 2011年版 (やさしい講座シリーズ)

やさしい応用情報技術者講座 2011年版 (やさしい講座シリーズ)

  • 作者: 高橋 麻奈
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • メディア: 単行本

中学生レベルで理解できる数式を使って情報料を計算する解説があります。

本書は応用情報技術者の参考書です。

◎質問者からの返答

もうすこしご書評がほしかったですねぇ・・・


2 ● 湯本正典
●52ポイント

基礎 情報システム論―情報空間とデザイン

神沼 靖子 (著) 内木 哲也 (著) 浦 昭二 (監修)

出版社: 共立出版 (1999/01)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/432002916X/

がお勧めです。

この本の第2章の「情報概論」の、2.5「情報の量と質」というところに、情報の量とは何か?ということが、しっかり書かれています。今から見ると古い本ですが、たいへんよく考えて書かれている本です。

ここには、情報には、「意味や内容を全く考慮しない形式的情報」(シンタックス情報)と「意味や内容を重視する意味的情報」(セマンティックス情報)がある、と書かれています。この2つの情報のうち、どちらを考えているかで答えが全く違っています。シンタックス情報は、いってみれば、たんなる「1、0」の数字の並びです。これは、シャノンの情報理論による考え方で、いろいろな本で計算方法が出ています。試験に出るのもこちらです。コンピュータの中に、「1、0」の数列とその配列のパターンが何通りあるか?という問題になります。

一方、セマンティックズ情報には、正式な計算方法が確立されておらず、研究が途上です。意味は、受け取る人によって変わってくるからです。たとえば、「情報には、2種類あります。」という文があったとして、あなたと私にとってこの分は意味がありますが、ほかの人にとってどれだけ意味や価値があるのかは、不明ですよね。

◎質問者からの返答

すばらしいご書評、ありがとう存じます。これからもどうぞよろしくお願い致します。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ