人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

幕末から明治初期にかけての日本の変動について取り扱った本を探しています。

質問者は日本史に精通しているわけではなく、高校の授業においても及第点とるのが精いっぱいでした。
最近、この不勉強を改めようと思い立ったのですが、どの本に手をつけたらいいのか見当もつきません。

事件の因果関係や、後世への影響など、明治維新を社会学的に分析している本。庶民、藩士、或いは海外など、異なった立場からの認識を紹介した本。等、高校の教科書と比べて、一歩踏み込んだ内容の本を探しています。

大学の講義で使うようなものでは頭が追いつかない可能性があります。新書のように、誰でも容易に手に入れることのできる本の中で、深い考察を持って明治維新付近の日本の情勢を論じている良書をご存知でしたらお教え願います。

「明治維新」「幕末」などの検索ワードに該当したタイトルを羅列するのはご遠慮願います。


●質問者: muchi1234
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:タイトル 不勉強 可能 因果関係 大学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● castle
●20ポイント

氷川清話 (講談社学術文庫)

氷川清話 (講談社学術文庫)

  • 作者: 勝 海舟
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

幕末の事を知るなら、その時代を生きた人たちの言葉をじかに読まれてみてはいかがでしょうか。

この本では明治維新の渦中にいた当事者の一人、勝海舟ご本人の言葉を読むことができます。生きた時代感覚を感じることが出来るのではないかと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!早速注文してみようと思います。


2 ● online_p
●20ポイント

岩波文庫ででているアーネスト・サトウの日記が一番、実相に近いと思います。

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E5%A4%96%E4%BA%A4%E5%AE%98%E3%...

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E5%A4%96%E4%BA%A4%E5%AE%98%E3%...

◎質問者からの返答

ありがとうございます!早速注文してみようと思います。


3 ● nawatobi_penguin
●35ポイント

福沢諭吉の口述を記録した自伝。

口語なので読みやすいです。なかなかお札になった人の本を読むことはないのではないでしょうか。

ただ口述をまとめた自伝なので少しオーバーに話していると感じる部分もあります。

新訂 福翁自伝 (岩波文庫)

新訂 福翁自伝 (岩波文庫)

  • 作者: 福沢 諭吉 富田 正文
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫


外国人女性から見た日本。

二人とも1900年前後に来日しています。

やはり今も昔も自身の少ない国から来日された方は地震に非常に恐怖を持つというのが分かりました。

ベルギー公使夫人の明治日記

ベルギー公使夫人の明治日記

  • 作者: エリアノーラ・メアリー ダヌタン
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • メディア: 単行本

明治日本見聞録 (講談社学術文庫)

明治日本見聞録 (講談社学術文庫)

  • 作者: エセル・ハワード
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

◎質問者からの返答

ありがとうございます!早速注文してみようと思います。


4 ● Baku7770
●35ポイント ベストアンサー

コメントを拝見し、回答します。

時間に余裕があるのなら、まず歴史街道の定期購読をお薦めします。歴史を扱った雑誌は数多く出版されていますが、歴史街道はPHP出版の雑誌で、現在のパナソニックの創業者である松下幸之助の遺志を継いでいます。松下幸之助は幕末から明治維新にかけての歴史や文化の保存にも傾注した方です。

そのため、各号のメインテーマが幕末から明治維新にかけての時代から離れていても、何らかの内容がその時代の日本を扱っています。

目の前にある2010年3月号だと総力特集は「長篠合戦真実」ですが、特集は「幕末の私塾」ですし、東京23区内の幕末維新の偉人の銅像マップが記載されています。

これは書籍ではありませんが、京都を訪れるなら霊山歴史館に立ち寄るのも一興です。ここは、先述のパナソニックが寄付をしたりしていますから。

次に明治時代はどのように考え、政治が行われたのかを知る手っ取り早い方法としては児玉源太郎について調べるのがいいと考えます。彼を有名にしたのは日露戦争でのエピソードですが、神風連の乱鎮圧の直後、東京から現地へ真っ先に送られた電報「児玉少佐ハ無事ナリヤ」は、当時24歳の一少佐にかける期待がどれほどのものであったかを物語る逸話もあったほどの人です。太平洋戦争後も米軍から児玉が生きていれば負けたかもとまで称されています。

児玉については、

天辺の椅子―日露戦争と児玉源太郎 (文春文庫)

天辺の椅子―日露戦争と児玉源太郎 (文春文庫)

  • 作者: 古川 薫
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫

謀将児玉源太郎―ある名補佐役の生涯 (光人社NF文庫)

謀将児玉源太郎―ある名補佐役の生涯 (光人社NF文庫)

  • 作者: 生出 寿
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • メディア: 文庫

史論 児玉源太郎―明治日本を背負った男

史論 児玉源太郎―明治日本を背負った男

  • 作者: 中村 謙司
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • メディア: 単行本

と結構出版されていますので、多読してみてください。

最後に意欲に火が点いたばかりの方の腰を折るようで申しわけありませんが、アドバイスを幾つか申し上げます。

目標は崇高です。その分障害が多いことを覚悟してください。例えば、明治末期まで日本が本当に強かった時代です。そのため現代とギャップが大きいんですよ。日本海海戦で大勝利して、戦艦を沈没させるのは愚将という見方をさせるようになってしまった。それが太平洋戦争で勝てる戦いでも戦力の投入を躊躇させることに繋がっていきます。

また、現在の腐敗政治に繋がるのもこの時代で、現在入手困難なので紹介はできませんが、「賄賂の歴史」という書籍が入手可能なら読んでみて下さい。後半のわずかだけですが、中学や高校の日本史の授業で維新以後を教えないのはこういった理由かと思えるような内容が記述されています。

◎質問者からの返答

アドバイスありがとうございます!御紹介いただいた書籍、いくつか購入しました。時間をかけてゆっくり消化していきたいいと思います。


5 ● Hyperion64
●20ポイント

幕末から明治初期にかけて多くの欧米人が日本を訪れて、その異質性や特異性、

美点や欠点について見聞録を書き残してくれています。

この本は丹念にそうした見聞内容を拾い集め、政府や権力者、産業などではなく

どちらかというと生活者や民衆の目線でかつての日本がどんな国だったかを

伝えてくれます。

先進国民であるという欧米人の偏見をこえて、独自な文化を培った

我らの先祖の国への彼らの尊敬や驚きが新鮮です。

面白いのは、そうした外国人の視点のほうが現代のわれわれ自身の視点に近いのですね。

そうとうに美化されている面もあるかもしれませんが、純朴で真面目な国民性の原点を

教えてくれる良著だと思います。

平凡社のロングセラーです。

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)

  • 作者: 渡辺 京二
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ