人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「俺は宣伝なんかしないけど注目されてるぜフッ」という心理について分析した本や文献を教えて下さい。

たとえば自分が素晴らしいものを作ったときに、「ことさらに宣伝したくない」「宣伝しない方がカッコイイ」みたいなプライドがあると思います。この心理や行動について、どのような分析がされているのか興味がありますが、キーワード等がわからず調べあぐねています。「こんな分野で研究されている」「こんな本に詳しく書いてある」などの情報をご存じの方がいたら教えて下さい。

●質問者: やまりょう
●カテゴリ:科学・統計資料 書籍・音楽・映画
✍キーワード:キーワード プライド 宣伝 研究
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 生人
●23ポイント

これを、『宣伝したくない』だけど『知らしめたい』という心理状態にあると捉えます。すると、両面価値(アンビバレンス)であると言えます。アンビバレンスとは、同一対象に対して相反する感情を同時に抱くことを言い、精神分析の用語のひとつです。私はこう捉えましたが、質問内容に添えていますでしょうか?

◎質問者からの返答

ググりました。以前別の本を読んでいてアンビバレンスって出てきたんですが、こういう事だったんですね。すごく興味深いです!質問の直接の意図は、具体的に「宣伝」の心理についてではありましたが、いろんな抽象度・方向からの見方を知りたいので参考になります。ありがとうございました。


2 ● miharaseihyou
●35ポイント ベストアンサー

http://home.wlu.edu/~ujiek/yomi21.html

どういう感情なのか分析してみると「謙譲の美徳」が元にあるように思います。

礼儀上は目立つべきではないけれど、本心では自己主張したい・・といった心理でしょう。

http://home.wlu.edu/~ujiek/yomimono.html

この板は外国人が日本人の習慣や心理を客観的に分析しているようなので、それなりに使えると思います。

◎質問者からの返答

なるほど!納得です、その通りですね。民族性という切り口は思いつきませんでした。いいキーワードが見つかりました。ありがとうございます!


3 ● miharaseihyou
●22ポイント

日本人の知らない日本語

日本人の知らない日本語

  • 作者: 蛇蔵&海野凪子
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

日本人の客観的な性質を如実に表してしまったとでも言えるのがこの本です。

現在第二巻も出ています。

外国人の面白い感じ方や表現の仕方の裏側に日本人としての考え方を再考し続けている作者の姿があります。

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)

  • 作者: 井沢 元彦
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: 文庫

宗教的な側面まで含めた考察があるのがこのシリーズです。

けがれ思想や言霊に関する考察、常識は記録されないという常識、歴史が私たちの考え方にどのように関わっているか考える上では外せない本でしょう。

逆説の日本史17 江戸成熟編 アイヌ民族と幕府崩壊の謎

逆説の日本史17 江戸成熟編 アイヌ民族と幕府崩壊の謎

  • 作者: 井沢元彦
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: 単行本

現在17巻まで出ている長編ですし、週刊誌に連載中でもあります。

面子を重んじる一部の学者さん達に毛嫌いされるほど真実に対して真摯であろうとする考察は見事です。

・・・が敵も多いので、ぼろくそに言う書評も数多くあります。

特に朝●には嫌われている。

ただ、どちらも広い範囲を相手にしていますので、参考になるとは思いますがそのものズバリではありません。

・・と言っても、心理学の教本の類では深い考察はされていないと思います。

◎質問者からの返答

おお、参考資料まで!どうもありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ